ひきからじりつ

心境を記録中・・・

父と話せるようになった

hiki-jiritsu.hatenablog.com

入院生活も半年を過ぎた。この半年で一番大きい変化は、母の前で一人称を使えるようになったこと、そしてそれをきっかけに、母とイライラせずに話せるようになってきたことかもしれない。

最近は、母より断然話しづらかった、というより近年ほとんど話した記憶がない父とも話せるようになってきた。母のときと同じように、父と話さない僕なりの理由はちゃんとあった。でもやっぱり理由なんてものはあてにならない。勇気を持って話しかけて、それを何度か繰り返すうちに、とりあえずどうでもよくなってしまった。

父の留守中に聞きたいことがあって、メールもした。いまさらスマホの「連絡先」に「父」が登録された。

祖母に対する態度も変わった。猛暑の中、庭で作業していると、祖母がしきりに「休憩しろ」と言ってくる。これまでの僕なら、愛想笑いを浮かべ感謝の言葉を口にしながら、おとなしくそれに従っていただろう。だけど、体調管理なんて自分でできるし、手や足を洗って家に上がるのは面倒くさい。そういうことを説明してみたところで祖母も譲らず、むしろヒートアップして怒り始めた。

自分でも驚いたんだけど、そんな祖母を僕は無視して作業を続けた。「まあ言わせておけばいいや」と。僕にとっては大きな進歩だ。

hiki-jiritsu.hatenablog.com