ひきからじりつ

心境を記録中・・・

母にイライラする理由

hiki-jiritsu.hatenablog.com

精神科に入院して2週間が経った。先週「無理に人の中に入っていくのはやめよう」と決めたのに、談話室で他の人が盛り上がっている姿を見ると、何か嫉妬みたいなネガティブな感情が湧いてくる。僕自身は1人でゆっくりしたいし、それを責める人もいないはずなのにな・・・。

まあそんな悩みはありつつも、基本的には心おだやかに過ごせている。ただ相変わらず暇すぎて・・・。何しろスマホさえ持ち込めないから、テレビを見たり本を読んだり。今週はクロスワード集を持ち込んでみたけど飽きてしまったから、来週からはお手玉の練習に励もうと思う。

入院とは直接関係ないけど、最近自分の診断書を見る機会があった。そこには「社会恐怖症」に加えて「強迫性障害」と書いてある。以前住んでいたアパートの隣人が延々と施錠の確認をしている姿を見ていたから僕には当てはまらないと思ったけど、そこまでじゃないにしても「何か見落としはないか」と気になる傾向はあるし、一度気になりだしたら他のことが手につかなくなることが多々ある。最近だと部屋の模様替え。そういえば今日も家具の配置を変えたっけ。

そんなことより、病名の後に具体的に当てはまる症状に○が付いていて、例えば「強度の不安・恐怖感」なんかは当然として、その中に「易刺激性・興奮(イライラしやすい)」という項目があった。

僕は母に対していつもイライラしている。母には確かに欠点がある。僕はそれをどうしても看過できない。どうしてこんなにイライラしてしまうのかと考えると、「子供の頃の恨みが今になって出てきた(親を疑えるようになった)から」とか、「自分と似ている母を見たくないから」とか、一応もっともらしい答えにたどり着いて分かった気になって、でも結局何も解決しない。同じ母に対して楽しそうに接している妹とは何が違うのか(妹が母の欠点に気づいてないわけじゃない)、そんなことを考えているうちにまた母と接してさらにイライラしたりしてー。

「僕が母にイライラさせられている」という構図は、僕の中では疑いようもないことだった。でも母がどうとか、それに対する妹がこうとか、そういうことじゃなく、僕が「イライラしやすい(いわゆる心に余裕がない)状態にある」という、ただそれだけのことかもしれない。その状態がまず先にあって、その矛先が母に向かっているという発想はなかったなー。

hiki-jiritsu.hatenablog.com