ひきからじりつ

心境を記録中・・・

精神科に入院している

hiki-jiritsu.hatenablog.com

今週から精神科に入院している。日中はデイケアなんかもあるんだけど、とりあえず最初は様子を見ようということで、テレビを見たり本を読んだり、それでも時間を持て余してとても退屈な1週間だった。

入院の目的は人に慣れること。今でこそだいぶ慣れてきたけど、入院当初は不安しかなかった。それでも半日ほど部屋で過ごすうちにだいぶ落ち着いた経験から、特にきっかけがなくてもある程度は時間が解決してくれることを学んだ。

部屋は個室にしてもらった。その分お金はかかるけど、まずはできるだけ不安要素を減らしておきたかったから。だから基本的には部屋に引きこもっている。それでも、ふだん自室にこもっているのとはわけが違う。食事は食堂だし、お茶を汲みに行ったり、看護師に用があるたびに部屋から出て人と顔を合わせることになる。ふだん落ち着き払っているはずの僕が、その度にきょどってしまう。

以前の僕ならそんな自分を責めているところだが今は違う。その時の不快感をバネに、どこが改善できそうか考える。1人で過ごす時間があまりにも長かったから現状上手く対応できないのは当然として、そもそも「上手く対応すべき」という価値観にとらわれすぎているのかもしれない。

入院当初は、せっかく周りに人がいるんだから、遅かれ早かれ勇気を出して自分から話しかけてみようと思っていた。それを先生に話してみたら意外にも、「無理に話すことはない」と言われた。「それが個性なんだから」と。意外だったのは、ふだん先生はとにかく行動することを勧めてくるからだ。どうやら僕は、「行動」の意味を履き違えていたらしい。

無口でも、感情の起伏が小さくても、それでいいじゃないか。無理して明るく振舞おうとするのはやめよう。僕はこの入院を通して、できるだけ素の自分に近い状態で人と関われるようになりたい。それに向けて試行錯誤を繰り返すことが、僕なりの「行動」だ。

ちなみに今日は初めての外泊中。入院中はスマホさえ持ち込めないから、つかの間のインターネットを楽しんでいる。

hiki-jiritsu.hatenablog.com