ひきからじりつ

心境を記録中・・・

【裸族も納得】iPhone 7のケースを買った

ここ数年は裸族に徹してきた僕も、ついにiPhoneケースを買うことにした。まず試したのはバンパータイプのケース。

hiki-jiritsu.hatenablog.com

そこそこ納得のいくものが見つかったと思ったが、やっぱりしっくりこなくてすぐに外してしまった。でもやっぱりケースは付けておきたい。今度は家電量販店に直接出向いて吟味して、購入したのが「simplism NUNO」。

f:id:h_imwikr:20171120103034j:plain

下部が大きく開口しているので着脱は簡単、ホームボタンを押すときに枠に指が触れることもない。枠のでっぱりは画面から0.5mmほどで、これまで試してきたバンパーと比較するとだいぶ控えめ。操作中、枠に指が触れづらく快適な反面、保護性能には若干不安がある。

f:id:h_imwikr:20171120103108j:plain

レザー調のしっとりした質感で触り心地が良い。適度な滑り止め効果もあるので、これなら手袋をしたままでも安心して使えそう。見た目もカッコいい!カメラ部分は2mmほど段差があってしっかり保護されている。 

f:id:h_imwikr:20171120103159j:plain

Amazonのレビューに「サイレントスイッチに指が届かない」という投稿があって心配だったが、指が太くて爪が短い僕でも(親指は届きづらいが)問題なく届く。ただボタンはどれも固めで押しやすくはない。

細かいことは置いといて、1週間付けたまま使ってみても外したくなる気配がないどころかとても気に入っている。裸族も納得の逸品だった。

 

Simplism iPhone8 / iPhone7 ケース [NUNO] バック ブラック

Simplism iPhone8 / iPhone7 ケース [NUNO] バック ブラック

 

 

ちなみに同時に買った保護フィルムは粘着力があって、きれいに貼るのがかなり難しい。iPhoneが耐水性なのをいいことに洗面器の中で貼りなおしたら浸水してしまった...。保護するために壊すとかホントに意味が分からない。

hiki-jiritsu.hatenablog.com

なんとか復活してくれたのでそのまま使ってみたが、どうもフィルムはしっくりこない。結局剥がして今後も張らない方向で行くことにした。

【追記】

しばらく使っているうちに、サイレントスイッチに指が届かなくなってしまった。いや正確には届くんだけど、爪を入れる隙間がなくなってしまった。これはスイッチとその開口部の位置が少しずれているため。

久しぶりにケースを外してみると、やっぱり裸のiPhoneはカッコいい。でもケースを付けた方が持ちやすいし、触り心地も気に入っている。と言うわけで、ケースの内側に紙を貼って開口部のずれを補正して、これからも使い続けることにした。

f:id:h_imwikr:20171212085715j:plain