MENU

窓際のPCディスプレイを見るとまぶしくて仕方ないので対策した

すっかり秋めいてきて、南向きの窓から部屋の中まで日差しが入るようになった。明るくて雰囲気的にはいいんだけど、窓際に置いてあるPCディスプレイを見るとまぶしくて仕方ない。そのせいか最近やたら目が疲れる。一日のほとんどをここで過ごす僕にとっては死活問題だ。

f:id:h_imwikr:20171007155739j:plain

PCの配置は変えたくないから、日差しの方を何とかするしかない。かといって部屋を暗くすると気分が滅入ってしまいそう。1年のほとんどをこの部屋で過ごす僕にとってはそれもまた死活問題だ。

わりと真面目に悩んだ結果、「ディスプレイの後ろだけ暗くすればいい」というこれ以上ないほどシンプルな結論に至った。

作業も至ってシンプル。スチレンボードをディスプレイの裏側に設置するだけ。24インチのディスプレイにはB2サイズがぴったり!

 

 

ディスプレイの裏側にはすでにノートPCを設置してあるので、それに合わせてスチレンボードをカット。

f:id:h_imwikr:20171007155800j:plain

そして設置

f:id:h_imwikr:20171007155823j:plain

↑ before

f:id:h_imwikr:20171007155919j:plain

↑ after

ちなみに画像中央のWebカメラは、部屋の明るさに応じてディスプレイの明るさを自動で調節するためのもの。

hiki-jiritsu.hatenablog.com

正面から見た様子

f:id:h_imwikr:20171007155739j:plain

↑ before

f:id:h_imwikr:20171007155923j:plain

↑ after

こうかはばつぐんだ!

見た目もすっきりしたし日焼け防止にもなるし、今のところメリットしか感じない。