MENU

食わず嫌いはもうやめよう

hiki-jiritsu.hatenablog.com

ずっと使い続けてきたXperiaシリーズからPhoneに乗り換えた。その一番の理由はもちろん「iPhoneを使いたくなったから」だが、それじゃあどうして急に使ってみたいと思えたのか、逆に今まで思えなかったのか。それはAndroidアプリを作れることが僕の心の支えになっていたからだ。

ところが今回Xperia Z5Cを下取りに出したことで、ついに手元からAndroid端末がなくなってしまった(厳密に言えばKindle Fire HDXがあるが)。実機がなければアプリの動作確認ができない。晴れて「アプリを作れる自分」を手放せたということだ。

放送大学での勉強も終わってしまったし、ギターや(美大生だったころの)画材も捨てたし、最近は何かと手放すことが多く、気付けば何もないただのひきこもりになってしまった。

でも決してネガティブにはとらえていない。むしろようやくスタートラインに立てたようで清々しい。

「絵が上手い自分」、「アプリを作れる自分」、「学生という肩書がある自分」、「ギターを弾ける自分」―。どれも少なからず興味はあったが、それよりも他人からの評価を常に意識していた。

ゲーム漬けの生活をしてみてそれを強く実感した。ゲームの楽しさに他人からの評価はいらない。「楽しい」とはこういうことかと。

これまで「やりたいことが見つからない」と言いつつも、探そうとしてこなかった。やっぱり慣れ親しんだことの方が楽だから。iPhoneだってそうだ。新型が発表されるたびに「Apple終わったな」と本気で思っていた。「ミーハーどもがこぞって使うやつだろ」とも。それがどうだ、いざiPhone 7に替えてみると快適そのもの。完全に食わず嫌いだった。

そもそも毎回欠かさずチェックするとか、めっちゃ興味持ってるじゃん!

なんとなく始めたゲームで楽しさを知ったことで「アプリを作れる自分」を手放せたし、iPhone 7 に替えたら快適になって、食わず嫌いしていたことにも気付けた。(他人からの評価でなく)自分の気持ちを基準にするだけでこうも変わるとは!

機種変更の手続きで加入させられたオプションの中に「dマガジン」というサービスがある。「クソみたいなオプション付けやがって!」と心の中で悪態をつきながら即解約してやろうと思ったがとりあえず見てみると、月額400円(税抜き)で雑誌が読み放題という、なかなかお得なサービスだった。

dマガジン | 多彩なジャンルの人気記事がいつでもどこでも読み放題!

食わず嫌いしていたことに気づいた今にぴったりのサービスだ。以前にも増して時間だけはあるから、片っ端から読んでみようと思う。