MENU

喫煙厨が越してきた

隣の部屋に喫煙厨が越してきた。せっかく前の喫煙厨が出て行って平和だったのに。まったく次から次へと...。

隣との仕切りなんてあってないようなものだから、24時間換気だから、どうしてもその煙が入ってくる。ベランダで吸うのも換気扇の下で吸うのもやめろ!

臭いとか健康に悪いとか、やめてほしい理由はいくつもあるがそれよりも、当の本人だって「壁紙を汚したくない」とか「家族に吸わせたくない」とか、後ろめたさがあるから煙を外に送り出す。それを吸わされる立場が気に入らない。相手にはメリットしかなく自分にはデメリットしかない、その状況が気に入らない。

こういう時は、とにかく自分を正当化して相手を責めてしまう。相手に悪気はないかもしれないのに、身勝手で非常識でどうしようもないクソ野郎に思えてくる。しまいには「喫煙厨は全員死ね!」とまで。

平和だった生活が、煙草を吸う隣人によって脅かされていると感じる。事実はそれ以上でも以下でもないはずなのに。

やっぱりイライラの根本には不安がありそうだな。

hiki-jiritsu.hatenablog.com