MENU

PCとゲーム機(Xbox360)で共有するために、スピーカーとヘッドホンを買い替えた

PCスピーカーの置き場所に悩む

PCスピーカー(Z150)が邪魔だったので、ディスプレイにくっつけて使っている。

f:id:h_imwikr:20170206220350j:plain

この状態で半年経ったが、やっぱり見た目が気に入らない。それからゲーム機(Xbox360)が増えたこともあって、配線を見直すことにした。

これまでの問題点

これまでの配線はこんな感じ

f:id:h_imwikr:20170716075958p:plain

Z150のイヤホン端子は「バイパス構造」というタイプで、スピーカーに入力された音がそのまま出力される、つまり音量調整できない。さらにXbox360も本体側で音量調整できない。ソフト側で対応するとしても、スピーカーとヘッドホンを切りかえるたびに設定変更は実用的じゃないし、そもそも変更できないものもある。ディスプレイで音量調整する方法もあるが、これもボタンを連打する必要があってめんどくさい。

いっそのこと、スピーカー付きのディスプレイに買い替えようか?いや、それでも音量調整の手間は変わらない。リモコン付きのモデルは高価だし...。

 

 

 

 

数日悩んだ結果、ヘッドホンとスピーカーを買い替えることにした。

ヘッドホン選び

ヘッドホンは無線(Bluetooth)タイプに。無線と言っても、ケーブルを繋げば有線で使えるものが多い。PCとは無線で、ゲーム機とはスピーカーを経由して有線で繋ぎたい。

遅延について

ここで一つ問題が。Bluetooth接続だと、どうしても遅延が発生してしまうらしい。

動画視聴時、Bluetoothイヤホンの音が遅れるような気がします?- いまさら聞けないAndroidのなぜ | マイナビニュース

なるほど、通常の「SBC」というコーデックだと1/5秒ほどの遅延、それが「aptX」だと1/10秒ほどに抑えられるんだな。

有線接続と聞き比べると、その違いがよく分かる。

www.youtube.com

aptXを使うためには、送信側・受信側双方がそれに対応している必要がある。Windows10なら標準で対応しているらしいから、あとはヘッドホンが対応していればいい。

【笠原一輝のユビキタス情報局】Windows 10も標準で対応しているaptXをハイレゾ化する「aptX HD」 - PC Watch

aptX対応で有線接続もできる、比較的安い3機種に絞れた。

 

 

 

 

 

 

一番上の機種は、aptX対応と書いてあるにも関わらず、対応していないという情報があった。

Jayfi Touch H1ワイヤレスヘッドフォン レビュー | 雑談記

下二つは同じ機種かな。違いが分からなかったので、安い方(AudioMX MX10)を選んだ。

スピーカー選び

スピーカーは、できるだけスペースを取らないものを。ディスプレイ下に置けるサウンドバー型のものを探していたら、理想的な機種を見つけた。

 

 

・非バイパス構造
ヘッドホンのボリュームをコントロールできる

・スピーカー/ヘッドホン切り替えスイッチ
イヤホンジャックにケーブルを挿しっぱなしにしておける

・USB電源
ACアダプタ不要

・艶消し塗装
傷やほこりが目立たない

見た目はすっきり、使い勝手も向上

今日届いたので、早速配置換え。

before

f:id:h_imwikr:20170716080904j:plain

after

f:id:h_imwikr:20170716080917j:plain

こうしてみるとキネクトの存在感がすごいな...。

机の上は少し狭くなってしまったが、見た目はすっきりしたし、なにより使い勝手が良くなった!

f:id:h_imwikr:20170716080933p:plain

スピーカーの使い勝手が良くなったから、ヘッドホンは別に無線じゃなくてもよかったかな。

でもMX10のデザイン質感はとても良い!パッケージも凝っていて、久しぶりに開封しながらワクワクした。

f:id:h_imwikr:20170716082756j:plain