MENU

【DBPOWER】1万円の格安プロジェクター #2 遮光カーテンに買い替えた

1万円の格安プロジェクター「T21」を買った。

hiki-jiritsu.hatenablog.com

スペック的に、明るい時間帯はカーテンを閉めてもほとんど映らない。

f:id:h_imwikr:20170623194554j:plain

分かっていたはずなのに、日中も使いたい欲が出てきて、遮光カーテンに買い替えることにした。

遮光性能を比較

遮光カーテンはその性能から、1級、2級、3級に分けられる。

遮光カーテンの種類と正しい選び方

ニトリへ行って見比べてみると、2級でも、蛍光灯が全く透けないものがあった。1級のものと比べると安く、デザインも気に入ったのでそれにした。

これまでの、遮光性能がないカーテンと比較してみた。

f:id:h_imwikr:20170623194620j:plain

南向きの窓で、天気は晴れ。さすがに太陽光は少し透ける(肉眼で見るともう少し明るい)が、その差は明らか。

映りもだいぶマシになった。

before

f:id:h_imwikr:20170623194554j:plain

after

f:id:h_imwikr:20170623194647j:plain

でも、正直まだ明るい。「どうせなら1級にしとけばよかったかも」と、少し後悔し始める。

「デザインが気に入ったから」とか、「1級でも隙間から漏れる光は変わらない」とか、いくら自分の選択は正しかったと思い込もうとしたところで、「できるだけ暗くしたければ1級を選ぶべき」という、当たり前の事実は変わらない。

実際、別の部屋のおそらく1級の遮光カーテンは、ほとんど透けない。中途半端なことをしてしまった。

隙間対策

少しでも暗くしようと、隙間対策をした。

f:id:h_imwikr:20170623194706j:plain

カーテンの端をレースカーテンのレーンに固定して、レーンの上には切った段ボールを置いた。

before

f:id:h_imwikr:20170623194716j:plain

after

f:id:h_imwikr:20170623200131j:plain

かなりいい感じ!

まだカーテンの下からは盛大に光が漏れていることもあって、夜と比べれば映像のコントラストは明らかに低い。でも見られなくはないし、これで妥協しようと思う。

買い替えなくてもよかったかも

そもそも、日中に見られる必要がどれだけあるか。もちろん見られることに越したことはないが、それよりも、「格安プロジェクターでも日中に使える」と主張したいだけじゃないか。

子供のころ、花火をした時のように、セミの幼虫を取りに行った時のように、「早く暗くならないかな」というあの待ち遠しい感じも、悪くないかもしれない。