MENU

【大都会】東京に行ってきた #1

放送大学の面接授業があったので、日本屈指の大都会「東京」に行ってきた。

授業の前日に東京に向かって、その日は上野を観光した。

国立科学博物館

まずは国立科学博物館へ行った。

f:id:h_imwikr:20170604183802j:plain

珍しい展示物がたくさんあって、まあ博物館はそういう場所だが、それにしても凄かった。

長さ1mはありそうな巨大隕石。

f:id:h_imwikr:20170604183815j:plain

はるか遠くの宇宙からやってきた物が目の前にあるのが不思議。

月の石と、月まで往復した日本の国旗。

f:id:h_imwikr:20170604183847j:plain

アポロ計画なんて全然知らないのに、感慨深い。

一番感動したのが、この「霧箱」という装置。

f:id:h_imwikr:20170604183908j:plain

この中では、宇宙からやってくる小さな粒子の一部が、軌跡となって現れる。

自分の身体の中を、常に目に見えない無数の粒子が通過している。本で読んだことがあったが、こうして見ると、それが事実なんだと実感する。

分かりやすい動画があった。

www.youtube.com

地球がまだ平和だったころの化石。

f:id:h_imwikr:20170604184037j:plain

骨格、目、口―。動物として当たり前の器官が、このころの生物にはない。全部、その後の生存競争を生き抜くために備わったものだ。もう体の構造からして、弱肉強食仕様なんだなー。

牛の消化器官。

f:id:h_imwikr:20170604184052j:plain

画像左下が胃で、あとは全部腸。これは全力で栄養を吸収しに来てるわ。

これが「ゼロ戦」というやつか。

f:id:h_imwikr:20170604184106j:plain

フロアの隅にさりげなく戦闘機が置かれてる博物館のスケールがすごい。

地球史上、最大の動物「シロナガスクジラ」。

f:id:h_imwikr:20170604184134j:plain

不思議と、その前に見た恐竜の方が迫力があった。

f:id:h_imwikr:20170604184148j:plain

骨だからかな。

ぜひ見ておきたかったのが、「シアター36○」という映像施設。

http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/theater360/imgs/index-img.gif

展示 ≫ シアター36○ :: 国立科学博物館 National Museum of Nature and Science,Tokyo

直径10m以上ある球体の内側が全部スクリーンになっていて、その中に入って全方位の映像作品を見られる。ものすごい迫力と臨場感だった。ちょっと怖いくらいだった(少しだけ)。

国立科学博物館は想像よりずっと広かった。じっくり見たら、丸1日かけても回れる気がしない。

上野動物園

せっかくここまで来たのだからと、上野動物園にも行った(画像は閉園後)。

f:id:h_imwikr:20170604184251j:plain

しかし入場した時点ですでに閉園1時間半前。さらに閉園1時間前あたりから寝小屋へ入ってしまう動物も多く、見られない動物も多かった。

とりあえずパンダだけは見ておきたいと思って一番に向かった。

f:id:h_imwikr:20170604184306j:plain

かわい...くない!?なんか絵面が汚い。こんな姿を見るために入場料を払ってしまったのか...。

「両生爬虫類館」で、初めてゾウガメ見たとき、ようやく「来てよかった」と素直に思えた。

f:id:h_imwikr:20170604184421j:plain

それにしても時間配分は失敗したな。動物園を先に見るべきだった。

不忍池

ビルに囲まれている不忍池(しのばずのいけ)。

f:id:h_imwikr:20170604184502j:plain

大都会にいることを実感する。

アメヤ横丁

最後に「アメヤ横丁」に寄った。

f:id:h_imwikr:20170604184513j:plain

人がすごい。商店街と言うとさびれたイメージがあるが、ここは活気しかなかった。