ひきこもりから自立を目指す

日常や心境を記録中・・・

MENU

あきらめが必要かも

他人の視線が過剰に気になることをはじめ、僕には多くの問題があるが、それらの根本に「プライドが高すぎる」ことがあると分かった。

逆にそれさえ何とかなれば、問題も一気に解決するはず。そう思って最近は、できない・分からない、「ダメな自分」を素直に認めるように意識している

本を読んでいるとき、分からないことを認めてじっくり読んでみたら、その分よく分かるようになった。

ギターを練習するとき、苦手なフレーズを弾けないことを認めてスピードを落として練習してみたら、いつのまにか弾けるようになった。

こんな感じで、初めは順調だった。でも、せっかく素直に認められるようになっても、「ダメな自分」を繰り返し確認しているうちに、また元のようにイライラしてしまう。

新たにできるようになったことも、またそこに新たなプライドが生まれて、やっぱりイライラしてしまう。

いくらプライドを崩しにかかっても、終わりが見えそうにない(すぐに結果を求めてしまうのも、「自分はすぐに結果を出せるはず」というプライドだ)。

プライドについて調べていたら、まさに僕と同じ状態について、とても分かりやすく書かれた記事を見つけた。

高すぎるプライドと“恥”の感覚 - シロクマの屑籠

ここに登場する言葉を借りれば、僕は「うまくいってない状態」に耐えられず、無性にイライラしてしまう。勝手に起こる感情だから、「止めよう」と思ってもどうにもならない。

僕は赤ちゃんの頃よく泣いて、かなり幼いころから癇癪持ちだったらしいから、たぶん生まれ持った質だろう

そもそもどうしてイライラしてしまうのか。まだ納得できる答えは見つからないが、生物としては当然だと思う。「うまくいってない状態」に不快感を覚えれば、それを何とかしようとして、生存や生殖に有利な行動につながるだろうから。

でも僕の場合は不快感が強すぎて、生活全般に支障をきたしている。

ヒトは受精卵から始まって、そこからは遺伝子をもとに形作られていく。遺伝子は受精より前の段階で、ランダムにシャッフルされたり、置き換えられたりする。そして精子卵子が出会って、その人の遺伝子が決まる。この過程のおかげで、いろいろな人が生まれる。

その結果、不利な個性を持って生まれてくる人も多い。でも、自然にとっては、一個体がどうなろうと知ったことじゃない。そういう弱者は勝手に淘汰されていくから。とにかく多くのバリエーションを生み出して、競わせて、有利な個性が次の世代に広がっていく。ヒトを含めた生物はそうやって進化してきた。

もはや「人は、幸せになるために生まれてきた訳じゃない」と断言したくなるが、ヒトには、「ポジティブ・イリュージョン(現実を都合よくねじ曲げる傾向)」や、宗教(神や死後の世界)を信じる能力のような、救済ともとれる性質が備わっている

逆に言えば、そういう性質が必要なほど、高度な心を持ったヒトにとって、生きることは辛いことなんじゃないか

自然の、そしてそれが生み出した人間社会の非情さを感じる。

僕がひきこもりなのは、僕のせいじゃない!生まれ持った能力も、環境も違うんだから。たまたま運が良かっただけの成功者が何かのたまえば、"その人自身"が素晴らしいと称賛される。それが悔しい。

でも、それもしょうがない。でも、分かってほしい。

目指すべきは何かをできるようになることよりも、あきらめることかもしれない。淘汰される側のヒトとして。