MENU

現状を直視しよう

放送大学の新学期が始まった。今学期は科目数こそ少ないが、難しい。早速挫折しかけている。

振り返ってみればこれまでだって、だましだましやってきた。

いくら入試がない放送大学とはいえ、高校レベルの知識が前提になっている科目が多い。

テキストを読んでいて置いてけぼりを食らうと、無性に腹が立つ。

それは、「自分なら理解できるはずだ」という期待があるからだ。

高校でまともに勉強しなかったのに、それでも期待してしまうのは、自分に特別な才能があると思っているからか。

自分の凡人さ加減は、もう十分、分かっているはずじゃないか。

勉強に限らず、何かに打ち込んだこともなく、そのうえ長い間ひきこもっていたことは事実なんだから、社会で生きていくためのスキルが足りないのは当然のことじゃないか。

まずはそれを直視して認めないと。

自分は特別じゃないし、優秀でもなければ善人でもない。

自己卑下じゃなく。