読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

【青春18きっぷ旅】'17春 ③ 白馬

hiki-jiritsu.hatenablog.com

富山を含め、金沢から長野の区間は在来線がJRじゃなくなってしまったので、原則として青春18きっぷが使えない。

できるだけJRを使うために、糸魚川から大糸線で松本方面へ抜けようと考えて、この日はその途中にある白馬に寄ることにした。

f:id:h_imwikr:20170408142540p:plain

糸魚川

まずは、あいの風とやま鉄道と日本海ひすいラインを乗り継いで糸魚川へ。

糸魚川駅には、「ジオラマ鉄道模型ステーション」があった。開館時間の10:00より前だったので見られなかったが、本数が少ない大糸線の待ち時間はここで潰せそう。

その隣の待合室には、車両が置いてあった。

f:id:h_imwikr:20170409143543j:plain

白馬

大糸線北アルプスのすぐそばを走るが、白馬の手前あたりまでなかなか見えない。それだけに、急に見えたときの感動は大きい。

f:id:h_imwikr:20170409143552j:plain

駅前からしてこの景色。白馬ヤバいな。

f:id:h_imwikr:20170409143604j:plain

しばらく歩くと、長野オリンピックスキージャンプ・ペアで有名なジャンプ台が見えてきた。

f:id:h_imwikr:20170409143621j:plain

ヤバいな。山の迫力が凄すぎてそれしか言えない。以前一度来たことがあるけど、その時は夏だった。雪のある白馬がこんなに美しいとは!

白馬大橋から。

f:id:h_imwikr:20170409143641j:plain

雪解け水もいい感じ。

f:id:h_imwikr:20170409143649j:plain

ここに住んでる人にとっては、これが日常なんだよな。

f:id:h_imwikr:20170409144028j:plain

まあ、景色が美しいからと言って、そこに住む人が優しいとは限らない。スキー選手の上村愛子が、中学時代にここでひどいいじめにあったことを知って、それまで漠然とあった白馬の、もっと言えば田舎のイメージが変わった。ここも山があるだけで、ただの閉塞的なクソ田舎かもしれない。

だから住みたいとは思わないが、それにしてもこの景色の迫力は衝撃だった。白馬を前にすれば、あの白川郷すら霞む。所詮人が作ったもの。歴史も浅い。ディスっているわけじゃなく。

白馬駅からの車窓は、右側(西側)がいい。しばらく北アルプスが見えるし、3つの湖が間近に見える。

青木湖

f:id:h_imwikr:20170409143743j:plain

中網湖

一番小さいけど桜で有名。全面凍っていた。

f:id:h_imwikr:20170409143754j:plain

木崎湖

f:id:h_imwikr:20170409143805j:plain

姨捨

松本からは、篠ノ井線に乗って長野方面へ。長野に祖父の家があるので泊めてもらう。ゆっくりしたかったので、この日の観光はこれで終わり。

途中の姨捨駅付近は、日本三大車窓の一つと言われている。

f:id:h_imwikr:20170409143813j:plain

この辺り、高速道路で通るとトンネルがやたら多くて、それが終わるともうじき祖父母の家に着く。子供のころから好きな眺めだった。

姨捨駅では線路が「スイッチバック」という珍しい方式になっていて、発車すると進行方向と逆に動き出す。