MENU

青春18きっぷを使って西日本を旅をしてきた(4日目)

hiki-jiritsu.hatenablog.com

青春18きっぷ(以下、18きっぷ)を使った4泊5日の旅。4日目は米子(よなご、鳥取)から京都へ。

f:id:h_imwikr:20170325103000p:plain

快活クラブ

一睡もできないまま朝になってしまった。ようやく隣のいびきが止んだけど、寝るのはあきらめてシャワーを浴びることにした。

受付に行ってカギをもらって、終わったら返す。30分以内に収めるようにとのことだった。髭を剃ったり歯を磨いたり、髪を乾かしたりまで含めると、結構忙しい。

そのあとカラオケに移動して1時間ほど歌った後、無料の軽食(朝限定)とアイスを食べて出発した。

f:id:h_imwikr:20170328222149j:plain

約11時間の滞在で12時間パックが適用された。料金はシャワーと合わせて2300円ほど。

無人

快活クラブ最寄りの後藤駅は、無人駅になっている。18きっぷを使う場合は、その日最初の駅でハンコをもらう必要があるけど、こういう場合は仕方ない。僕は途中下車した米子で押してもらった。

鳥取砂丘

米子から鳥取へ。鳥取駅からはバスに乗って鳥取砂丘へ。今回の旅で唯一、JR以外の交通機関を使った。日本交通の砂丘線、片道370円。休日や夏休み期間は、「ループ麒麟獅子」という路線も運行しているらしい。

砂丘に着いてまず、「すごい量の砂だなー」と思った。

f:id:h_imwikr:20170328222354j:plain

その後歩いてみたけど、それ以上の感想は出てこなかった。それだけでも十分だけど。

砂の美術館がちょうど準備期間で見られなかったのが残念。

靴の中が砂だらけになった。

3度目のマック

鳥取では、3度目のマックに挑戦した。なぜかマックはなかなか慣れない。

疎外感

この日、見たかったのは砂丘だけだから、あとはひたすら移動。もう一度大阪に泊まろうかとも思ったけど、やっぱり京都まで行くことにした。

寝不足と疲れのせいか、移動中はひたすらネガティブだった。メモには「もうだめかもしれない」とある。人の中にいるのに、僕だけ違う空間にいるような疎外感を感じた。

夜、京都に着いた頃には、だいぶ回復してた。

京都

京都はとにかく外国人が多い。周りを見れば一組はいるレベル。京都駅からは祇園あたりまで歩いた。

これが繁華街か。夜なのに人が多くてみんな楽しそうにしてる。ホスト風の人がキャバクラの呼び込みをしてる。そういう人たちを見てると、なにか圧倒的な力強さを感じる。みんな思う存分、「人」になりきってるように見える。僕は、そういう人たちが怖い。

はじめてのなか卯

夕飯は、はじめてなか卯に挑戦した。外にはあれだけ人がいるのに、店内はガラガラ。はじめてだけど落ち着く。 観光地だから、チェーン店はどこもこんな感じかも。

ここも無事クリア。牛丼のお店はどこも分かりやすくていい。

金太郎

この日は「金太郎(いわゆる個室ビデオ店)」という、少しアレなところに泊まった。店は繁華街に面してるけど、細い路地から入れるようになってる。さすが。

まずはDVDを選んで受付に持ってく。DVDの9割くらいは大人向けで、新作も多い。希望の時間と部屋を伝えて、いろいろ入ったカゴを受け取って、指定された部屋に向かう。

部屋はネットカフェより広く、遮音性も高い。照明の明るさをコントロールできるのも良い。なぜかティッシュが無駄に2箱もあった。

f:id:h_imwikr:20170328222441j:plain

料金もネットカフェと変わらず。部屋には鍵もかかるし、宿泊場所としてはネットカフェよりポイント高い。ただなんとなく、ほかの宿泊者と会ったときに気まずい。謎の会釈でやり過ごした。

延長料金がありえないほど高い(たしか30分で500円くらい)から、翌朝起きる時間だけは要注意。