読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

RSSリーダーのすゝめ

ネットを1週間断ってみたら、毎日何度も繰り返してきた「お気に入りサイトの巡回」が、意外と面倒だったことに気づいた。

ブラウザのブックマークに登録してあるサイトの中から選んで、開いて、サイトごとに記事を探す。ふと、RSSリーダーに登録すればいいんじゃないかと思ったが、まったくその通りだった。

RSSリーダー自体はこれまでも毎日使ってきた。でも「はてなブックマーク」専用リーダーと化していた。それだけでも情報の量に不満はなかったから。

ホットエントリーやいくつかのタグを「Feedly」に登録

「gReader」というスマホアプリでチェック

気になった記事は「Pocket(後で読むサービス)」へ

PCからPocketを開いて閲覧

何度も見たい記事は「Evernote」へ

こうして書いてみると、意味が分からない使い方をしている。

家にいるのにスマホでチェックする意味が分からないし、Pocketにはすごい勢いで未読の記事がたまっていく。結局読まなかった記事が大量に残り、先日整理したら、一通り目を通すだけで半日かかった。それをなんとか気力で終わらせ、これからの情報収集を考え直すことにした。

まず、巡回するサイトを整理した。サイトを減らすとためになる情報を見逃してしまう気がして、これまで増える一方だったが、そこは足りないと思ったらまた増やせばいいと、ホワイトリスト形式で減らした。

そしてそれらをRSSリーダーに登録した。これまではFeedlyを使ってきたが、やたら評判が良い「Inoreader」に乗り換えてみた。

www.inoreader.com

Feedlyからデータをインポートすることもできる。(Feedlyと同じく)Googleアカウントでログインできるので、手間もかからない。

まだ使いこなせていないので、というかFeedlyも使いこなしたことがないので比較もできず、何が良いのかは分からない。

それでもすべてが1か所に集約されたことで、情報収集は見違えるほどシンプルになった。RSSリーダーって、こんなに便利なものだったのか。変にこねくり回して使うことが情強だと勘違いしていた。

同じように、気になった記事を片っ端から突っ込んでいたPocketも、一時的なブックマークという本来の用途で使い始めた。とてもいい。

余談

Pocketを整理して気づいたことがある。

一つは、「ブログの記事は時間が経つと消えているものが多い」ということ。ブログ自体は残っているのに記事だけが消えている。すごいな、ブックマークがいくつも付くほどの記事を消せるというのは。やっぱり有名なブログほどストイックにやっているのかな。

もう一つは、「未読記事の中にも、その後の行動の前触れが見られる」ということ。例えば僕は、来週旅をする。急に思い立ったはずだったが、1年以上前から、旅関係の未読記事が目立ち始めていた。