MENU

旅をしようと思う

1週間ネットを断っている間に、録画してあった番組を見たり、本を読んだりして暇をつぶした。

改めて自分の嗜好を眺めてみると、「教養系」のコンテンツが大半を占めている。たいして興味もないくせに。「知っていることが偉い」と思っているからだ。

ネットを断ってみようと思ったきっかけの一つに、そういう価値観から自由になりたい気持ちがあったので、それ以外の、ただ面白く見られそうなものに限定して見ていった。

はじめはトーク番組が中心だったが、気づけば、登山、グレートレース、飛行家、インドの田舎など 「非日常系」にシフトしていた。

そこに登場する人たちが、とても生き生きしているように見えた。安心安全で快適な普段の生活が、味気なく、むしろ不幸なことのように思えてきた。

インドの田舎――具体的には「ガンジー」という、実話を基にした映画に登場する農村――で、数人の農夫が土を耕している場面が映ったとき、「負けた」と思った。僕の方がはるかに恵まれているはずなのに、その人たちの方がはるかに幸せそうに見えた。

僕はたまに外出する以外はずっと部屋にこもっている。この状態が一番マシだという、火を見るよりも明らかだったはずの考えが揺らいでいる。

もう少し、感覚や感情を大事にしてもいいんじゃないか。

たしかに人は怖いが、死後の世界も生まれ変わりもないと思うが、だからといってこのままでいいのか、世間体ではなく感情的に迷っている。

部屋を出てどこか遠くへ行って、自分なりの冒険をしてみたい。

ちょうどこの時期は「青春18きっぷ」が使える。さっそく買ってきた。新幹線の自動券売機で買えた。

来週、これを使って、5日間の旅をしようと思う。

 

人間の大地 (光文社古典新訳文庫)

人間の大地 (光文社古典新訳文庫)