MENU

【放送大学】28年度2学期の成績と今後の予定

今学期の成績は、履修した7科目すべてⒶだった。それなりの達成感はあるが、試験が終わった時の方があったかな。

これまでよりも科目数を減らしたので楽になるかと思いきや、勉強に対する葛藤もあって楽ではなかった。

hiki-jiritsu.hatenablog.com

hiki-jiritsu.hatenablog.com

今学期履修した科目

【基礎科目】
「ひと学」への招待

【共通科目】
人体の構造と機能

【専門科目】
比較行動学
乳幼児・児童の心理臨床
思春期・青年期の心理臨床
中高年の心理臨床
生物界の変遷

「人体の構造と機能」は覚えることが多く大変だった。でも「生物界の変遷」とあわせて、生き物の不思議さに触れることができた。そういうこともあって最近は、興味が心理から生物にシフトしつつある。

心理臨床の3科目は、認定心理士の資格を取得するために履修した。イマイチ身が入らず、とくに「乳幼児・児童の心理臨床」の終盤と、「思春期・青年期の心理臨床」の序盤は、心を無にしてテキストを読んだ。

f:id:h_imwikr:20170215142518j:plain

臨床心理学は、ひとの心の「輪郭」をひたすら丁寧に追う学問だという印象を受けた。今は「なぜその輪郭になるのか」を知りたいので合わなかったが、勉強を重ねてその両者がつながれば、俄然面白くなりそうな気がする。

新カリキュラムについて

卒業まで残り12単位。そういえば今年度から「新カリキュラム」が始まったことを思い出した。それで「カリキュラム移行シミュレーション」で確認してみると、移行した場合、残り6単位になることが分かった。これなら来学期、余裕をもって卒業できそう。

でも来学期から移行するための手続きは、とっくに締め切られていた。卒業研究のときと言い、どうしてこうも後手後手になってしまうのか。

卒業のタイミング

来学期、旧カリキュラムのまま残り全ての単位を取ろうとすると、科目区分に縛りがあって、あまり興味のない科目を選ぶことになる。試験日もばらばらだし、卒業を急ぐ理由もないので、半年遅らせることにした。

来学期履修予定の科目

【基礎科目】
初歩からの宇宙の科学

【専門科目】
危機の心理学
生命分子と細胞の科学
動物の科学

【面接科目】
心理学実験3

そろそろアルバイトをはじめようと思っているので、科目数は少ない方がいい。多いとそれをやらない言い訳にしてしまうから...。

hiki-jiritsu.hatenablog.com

hiki-jiritsu.hatenablog.com