MENU

タイニーハウスで暮らしたい

スキージャンプ・ペア」という競技の中で、「メゾネット」という技がある。その技を見て実況が言った、「狭い敷地にたしかな個性」という言葉が印象に残っている。

今日の日本では、都会において「狭小住宅」が多く見られる。狭小というとネガティブなイメージがあるが、あえてコンパクトなスペースで暮らすことを目的とした「9坪ハウス」というシリーズもある。

それをさらに推し進めた形が「タイニーハウス(Tiny house)」だ。トレーラーハウスや貨物用のコンテナをベースにしたものが多く、いざとなれば家ごと引っ越すことができる。

最近は、この手の動画を見ることが多い。

www.youtube.com

www.youtube.com

僕も、田舎に土地を買って住んでみたい。畑を作ったり、大音量でギターを弾いたり、おひさまの下で読書をしたり、物思いにふけったりしながら暮らしたい。これが今のところ唯一、働く理由になりそうな気がしている。

でも現時点では、本当にその暮らしを楽しみたい気持ちよりも、そういう暮らしをしている自分になりたい気持ちの方が強い気がする。