MENU

理想の暖房を求めて - 消費電力と使い心地を比較する

先月東京で雪が降ったころから、いよいよだいぶ寒くなってきた。足先がとくに冷えるのでパネルヒーターを購入した。振り返ってみれば、今までいろいろな暖房器具を使ってきた。消費電力と使い心地に注目して、それらを振り返ってみたい。

エアコン

 

 

今年の春に今のアパートに引っ越したとき、おとうさんとあかあさんが、ぼくの部屋にエアコンをつけてくれた。過去に窓用エアコン(暖房なし)と、それから大学に通っていたときのアパートで、15年落ちの古いエアコンを使ったことがあるが、正直言って、最近のエアコンがここまで優れたものだとは思わなかった。

今年の夏は、エアコンにワットチェッカーを付けて使用量を計測してみた。

部屋 木造アパートの6畳間
設定温度 29℃(扇風機併用なので高め)
使用期間 7/3 ~ 10/25
使用時間 1054時間35分
使用電力 87.01kW
使用料金 1914.22円

毎日ほぼずっと家にいたのに、ひと夏たったの2000円で暑苦しさから逃れることができた。古いエアコンのときは、ひと月の電気料金が15,000円を超えたこともあったから、感動すら覚える。

暖房の場合は外気温によって消費電力が大きく違ってくるが、今の時期は冷房と比べて、運転開始時に2倍、その後の運転時に1.5倍くらいの消費電力になっている。でも今の部屋は南向きで日中は暖かくなるので、朝くらいしか使わない。

オイルヒーター

 

 

高校生になった年に、両親が自室を与えてくださった。それからしばらくオイルヒーターを使っていた。風が出ないので、音が静かで掃除も不要。部屋も暑いくらいに暖かくなるが、温まるまで時間がかかり消費電力はとても大きい。移動式の器具としては大きく重いので、個人的にはあえてこれを選ぶ理由がない。

セラミックファンヒーター

 

コンパクトヒーターキューブ ナチュラルブラウン CH-1428NB

コンパクトヒーターキューブ ナチュラルブラウン CH-1428NB

 

 

電気式のファンヒーター。スイッチを入れればすぐに温まるので、初めて使ったときは感動した。消費電力が大きい割には、部屋全体を温める用途には全く向かなかった。足元用としてなら十分暖かい。風が出るのでほこりがたまりやすく、定期的な掃除が必要になる。過去に大小合わせて4台使ったが、どれも特有なにおいがあった。

カーボンヒーター

 

 

局所的に温めるのなら、これが最強だと思う。すぐに温まるし、たき火のようなじんわりとした暖かさなので、寒い外から帰ってきて手をかざすと幸せな気分になれる。逆に局所的過ぎて、設置位置の調整が難しい。音や風が全く出ないのは大きなメリットだが、そのせいで消し忘れることが多かった。消費電力が大きく狭い範囲を全力で温めるので、至近距離に物を放置すると危ない。火が出るほどではないかもしれないが、僕はこれでPCチェアを溶かした。

フットヒーター

 

 

こたつのように足元を重点的に温めようと思って購入した。こたつのヒーター部分をひっくり返したような構造で、消費電力は小さめだが暖かい。音や風は全くないが、上昇気流によって膝付近もほんのり温まる。机の天板に引き出しがついていると、上昇気流に乗ったほこりが侵入してくる。でも大半のほこりや体毛といったゴミたちは、そのままヒーターに落ちて行く。たまにそれが焦げる匂いがして不快だった。たまったごみを取り出す引き出しがついているが、たまり方が尋常じゃなく掃除に手間がかかる。あとは足の位置(高さ)が変わるので、なかなかなれることができず、背中が痛くなったりした。

パネルヒーター

 

 

ホットカーペットを小さくしたようなもので、机の天板や側面に設置することができる。冷えやすい足元を補うために先月購入した。 消費電力が小さいので暖かさもそれなり。15cmくらいまで近づくとようやく暖かいことが分かる。でも足先が直接触れられるように設置すれば、フットヒーターのような温かさを感じることができる。

ホットカーペットとはだいぶ迷ったが、床掃除が手間にならないように、床から浮かせて設置できるパネルヒーターを選んだ。

上記リンクの商品を購入したが、自動OFFタイマーで切れたあと、何度も電源を入れなおさないと点かない初期不良だった。返品手続き後に改めて、自動OFFタイマーが無いものを購入した。一日中PCの前にいる僕にとってはない方がいい。

 

サンワダイレクト デスク下遠赤外線パネルヒーター パルサーモ マグネット取付 DPH-50A

サンワダイレクト デスク下遠赤外線パネルヒーター パルサーモ マグネット取付 DPH-50A

 

 

返品する前に両者を比較してみた。 

f:id:h_imwikr:20161223091440j:plain

消費電力は前者が50W(LOW) / 100W(HIGH)の二段階、後者は50Wのみ。ワットチェッカーで測ると前者が50W / 80W、後者が50Wでほぼスペック通りだった。実際の暖かさは、前者のHIGHよりも後者の方が上で、とくに触れるとその差がよくわかる。後者の方がだいぶ高価なだけあって、仕組みが違うのかもしれない。

でも全体のつくりは前者の方が良い。前者のパネル面がほぼフラットなのに対して、後者には大きな枠がついている。パネル部分は押すとペコペコ動くので、枠との間に隙間ができてしまう。ここから相当ゴミが入ると思う。

f:id:h_imwikr:20161223091529j:plain

それから後者には電源ランプがないので、点いているのか分かりづらい。

両者とも裏にマグネットがついているが、前者には木製の机にも取り付けられるよう、金具がついていた。僕は机の奥の壁に画びょうを刺して設置した。

f:id:h_imwikr:20161223091543j:plain

電気毛布

 

コイズミ 電気掛敷毛布 電磁波カット毛布 188×130cm KDK-7566D

コイズミ 電気掛敷毛布 電磁波カット毛布 188×130cm KDK-7566D

 

 

もはや手放せない。大学時代のアパートは室温が0度付近まで下がることがあったが、掛け布団1枚でしのぐことができた。入った瞬間から暖かいのもいい。それでいて消費電力は極めて小さく、MAXでもパネルヒーター並み。電気毛布は電磁波がとやかく言われることがある。僕は何が悪いのか分からないなりにも気分は良くないので、電磁波カット機能の付いたものを使っている。

まとめ

今年の春まで自室が北向きだったので、いまさらながら、太陽の威力に驚いている。あとは補助的に、部屋全体を温めるエアコンと、足先を温めるパネルヒーターを使い、あったかソックスと(太陽が出ない日は)暖パンを履けば、今年の冬はかつてないほど快適に過ごせると、思っている。

ちなみに暖パンは部屋着の上から履いているが、履くときに部屋着が巻き込まれてイライラする。ソックスを部屋着の上にかぶせておくとすんなり履けることを、最近発見した!