ひきこもりから自立を目指す

日常や心境を記録中・・・

MENU

毎日部屋の掃除をしている

*汚い写真が登場します。

寒くなってきたので、5,6年前から使っている電気毛布を出した。なんども洗濯しているが、それだけでは取り切れない体毛が大量に絡まっているのが気になった。もう何年もきちんと掃除していない。

仕方なくクラフトテープを使ってチマチマ掃除をしてみたら、この地味な作業が妙に心地よかった。

一つの地味な作業に集中する機会は、普段の生活の中では全くない。(暇を持て余しているくせに)できるだけ無駄を省こうとするし、テレビを見ながらご飯を食べるし、(たいして聴きたくもない)音楽を聴きながら作業をするし、ネットを見ながら歯を磨く。

それらのなじみのある行動を変えようとは思わないが、少しくらいはこうやって地味な作業に集中する時間があってもいいかなと思って、毎日部屋の掃除をすることにした。

まずは箒を買い替えた。今まで自由箒を使ってきたが、見た目に反して使い勝手が悪すぎた。新しく買ったのは、小中学校時代の「掃除の時間」で使っていたしゅろ箒。

 

室内用 棕櫚(しゅろ)ほうき 5玉

室内用 棕櫚(しゅろ)ほうき 5玉

 

 

レビューにある通り、はじめは箒自体から出るゴミが多く2週間ほど使ってもまだ治まらないが、まあ使いやすい。

この箒で部屋の隅からベッドの下まで掃いて、ベッドに付いた体毛をクラフトテープで取る。この単純な作業はたぶん合わせて5分もかからないが、苦にならないどころかむしろ気持ちが落ち着く。それでいてきれいな部屋を維持することもできるから良いことしかない。

ずいぶんきれい好きになったもんだな。今だってずぼらには変わりないが、久しぶりに汚部屋時代の写真を見てしみじみ思う。

f:id:h_imwikr:20161204141226j:plain

ステレオグラム(平行法)でお楽しみください。

当時は大学へ通うために独り暮らしをしていた。でも対人恐怖が悪化して次第にひきこもる様になり、買ったばかりの電気毛布にくるまって1日中ベッドの中にいる日が多くなった。そうしている間にも罪悪感と自己嫌悪が募っていく。結局この年に休学するのだけど、このときは鬱状態だったと思う。

部屋と心の状態は相関すると言うが、気持ちに余裕がなくなれば掃除はおろか、ゴミを決まった場所に捨てることさえできない。今の心の状態も健全かと言ったらそうでもないかもしれないが、当時と比べれば部屋と同じくらいには変わったと自覚している。

f:id:h_imwikr:20161204141235j:plain