読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

やっぱり現実逃避は楽しい

母の話によると、最近外はすっかり寒くなったようだ。そういう話題が出るたびに、「まあ、ずっと家にいるような奴には分からないだろうけど」みたいなニュアンスを感じてしまう。それくらい家にいても分かるわ! 外に出ることがそんなに偉いのか?ん?

ずっと家にいたここ2週間ほど、僕の生活は充実していた。午前中は放送大学でのお勉強。そして午後から寝るまではAndroidアプリをメイキング。とても外出してる暇なんてなかった。

でもそんな生活も昨日まで。通信指導の提出を終え、アプリもひとまず完成してストアに公開できたので、またおなじみの日常が戻ってきた。

忙しかったとはいえ だらだらテレビを見るくらいの時間はあった。それでも普段が暇すぎるから、相対的に忙しく感じた。

ひとたび忙しくなると、途端に現実志向になる。少し前までこんなことを考えていたのに。

hiki-jiritsu.hatenablog.com

hiki-jiritsu.hatenablog.com

暇じゃなきゃできないことだと改めて思う。目の前にやるべきことがある状況で、こんな実生活に役立たないことに時間を割く意味がない。何に意味があると感じるかは、状況次第で簡単に変わってしまうということか。

そもそも意味ってなんだ?誰も知らないところで壮絶に苦しみながら死んでいった人は数えきれないほどいるだろう。今日もいただろう。その一人ひとりが人知れず感じたその苦痛に何の意味があったのか。

やっぱり現実逃避は楽しい。