読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

超今さらながらWiiを買って遊んだ

8月初めに、超今さらながらWiiWii Uではない)を買った。リモコンを振って遊んでみたくなったからだ。

f:id:h_imwikr:20160914112621j:plain

僕はゲームに厳しい家庭に育った。そもそもおもちゃを買ってもらう機会などほとんどなく、誕生日プレゼントもなかったから、チャンスは実質クリスマスのみ。でもそれさえ欲しいものがもらえないことが当たり前だった。ゲームを頼んだのに「21世紀こども百科」が届いたときは愕然としたね。

 

21世紀こども百科 科学館

21世紀こども百科 科学館

 

 

それでもサンタさんは親だということを確信しつつあったから、引きつった笑顔で精いっぱい喜んだ。親が喜びそうだという理由で天体望遠鏡を頼んだこともあった。星なんて興味ないし、何に使うんだよそんなもの。

テレヴィジョンの閲覧も原則禁止だったから、同級生との共通の話題など皆無に等しく、僕は必死に面白いことを言って気を引くほかなかった。流行りの話に加われない悲しさ、さらには後々、その時期の思い出話に加われない悲しさといったらない。

そんな経験の影響か、ゲームを所持したい欲求はいまだに強い。でもイマイチ面白いと思えない。だから自由にお金を使えるようになってからは、ゲームを所持しては手放すことを繰り返してきた。

悲しい思ひ出ここまで↑

Wiiの発売日は2006年11月19日だから、もう10年前か。そのわりにはリモコンを振り回すことが新鮮で古さを感じることはなかった。世間の人たちは10年前にこの体験をしていたのか。さすがにグラフィックは荒いが、そんなこと言ったら現行の3DSは何なのってことになるし。

3DSをディスって古さを感じないことを主張したばかりだがやっぱり撤回。WiiにはHDM出力I端子がついていないので、PCディスプレイに直接つなぐことができない。対策として、以下の3つの方法があった。

HDMIコンバーター

Wiiの出力端子をHDMIに変換すれば、HDMIケーブルをつなぐことができる。

 

 

ケーブルが付属するのでお得だが、太くて固いので収まりが良くない。音声についてはHDMIから出力するほか、3.5mmの出力端子も付いている。動作は問題なかった。

ビデオキャプチャ

本来は録画するために用いるビデオキャプチャーを介して、PCとUSB接続することもできる。でもわずかに遅延が発生するらしい。

www18.atwiki.jp

エミュレーター

f:id:h_imwikr:20160914112209j:plain

Dolphinというエミュレーターを使えば、WiiソフトをPCで動かすことができる。エミュレーターの是非については、本体とソフトを所持していて、かつ個人で楽しむだけなら問題ないと解釈している。ただしWii本体が故障するリスクもあるので自己責任で。

手順などはこちらを参考にした。 

GC+Wiiエミュレータ Wiki*

WiiリモコンはBuetooth接続なのでPCとペアリングするだけで使えるが、特殊な仕様らしく、ペアリングが頻繁に解除されてしまう。それを解決してくれるツールがあった。

Wiiリモコン(バランスボード)とWindowsの再接続の話

ただしWiiバランスボードについては、Dolphinでの動作こそ問題ないが、上記のツールを使用しても毎回のようにペアリングする必要があった。

Wiiリモコンのセンサーバーは、USB接続できるタイプを購入した。

 

Wii用『ワイヤレスセンサーバー』

Wii用『ワイヤレスセンサーバー』

 

 

これでほとんど実機と変わらない操作が実現した。本体をしまっておけるので、机の上がすっきりしていい。多少表示がおかしい部分や、Wiiリモコンのスピーカーがうまく鳴らないなど細かい不具合はある(設定次第で改善することもある )がプレイに支障はない。

動作速度も問題なかった。60FPSのゲームは60FPSで安定している。せめてPCだけは人並み以上でありたいという思いから、Core i7 4712MQという高性能なCPUを搭載たノートPCを使用しているが、ゲーム中の使用率は20%程度。一方GPUintel HD Graphics 4600)は非力でほとんど余裕はなく、例えば解像度を2倍に上げると45FPS程度になってしまう。

遊んだゲームタイトル

Wiiスポーツ
Wiiスポーツリゾート
WiiFitプラス
シェイプボクシング
モンスターハンター3

モンスターハンターについては文字表示がおかしいので、グラフィック設定 -> 高速化から、「Texture Cache」を「Safe」にしてやる必要がある。

旧世代だからこそPCで動かせるし、安く手に入れることができる。今回は本体も含めてamazonで中古品を購入したが、全部合わせても1万円強。すでに飽きてしまったが十分楽しめた。

 

Wii本体 (クロ) (「Wiiリモコンプラス」同梱) (RVL-S-KAAH)【メーカー生産終了】

Wii本体 (クロ) (「Wiiリモコンプラス」同梱) (RVL-S-KAAH)【メーカー生産終了】