ひきこもりから自立を目指す

日常や心境を記録中・・・

MENU

ときどき無性にカメラが欲しくなる

5,6年前に初めてデジカメを買ってから、どきどき無性に他の機種が欲しくなっては買い替えてきた。ある時はそのカメラを所有する満足感のために、ある時は写真を嗜んでいるアピールのために。結局カメラを通して自分はどうしたいのか分からなくなって、半年前に手放した。

hiki-jiritsu.hatenablog.com

でも先月またカメラを買ってしまった。

f:id:h_imwikr:20160522140147j:plain

引っ越しを機に散策することが増えて、やっぱりカメラが欲しいと思っていた。そんなときに散策ついでにノジマに寄ったら、XQ2というコンデジが2万円弱という在庫処分価格で売られているではないか。ちょうど候補に挙がっていた機種だったので迷わず手に入れた。

 

 

初めてデジカメを買った5,6年前というと、ちょうどひきこもりつつある時期と重なる。収入源がお年玉とお母さんからもらうお小遣いしかない僕にとっては、とても大きな買い物だった。

それでも、何か一つでもこだわるものが欲しかった。とにかく劣等感の塊だったから、カメラに対してこだわりを持つことで、その点においては他の人たちと同等以上に振る舞いたかった(見下したかった)。

とはいえ基本的に外出しないから、過去の写真を見返すと部屋の中で撮ったものが多い。それでも「外でカメラを使ってみたい」ことは確実に外出の動機になっていた。

ところがいざ持ち出すと、人目が気になって挙動不審になってしまう。歩くだけでもきついのに、さらにカメラを構えるとなると勇気が出ずに、気になる被写体があっても素通りすることが多かった。その一方で、ちょっといいカメラを使っているアピールもしたいという、矛盾した気持ちもあった。いや、他人からよく思われたい(悪く思われたくない)という意味では同じか。

その後は所持するカメラの性能を確かめることに傾倒していく。他人からの承認を直接受けるのはあきらめて、「僕はこんなにコストパフォーマンスが良いカメラを選んで使ってるんだよ」ということを、架空の相手に一方的に自慢することで満たされようとしていた(いよいよ危ない)。

いろいろな被写体を求めるから、これもやっぱり外出する動機にはなるが、人と会わないような場所(主に山)を選ぶようになった。もちろん自然は嫌いじゃないけど、被写体としては単調でもある。これは「写真を撮ることが好き(カメラのベンチマークが目的ではない)」と思いたい僕にとっては都合が悪かったから、より自然が好きだと思おうとした。

自然が多いところは足場が悪い(何度か転んだこともあった)。砂ぼこりや潮風もある。もはや自分の価値の一部になっているカメラへの影響を考えるとストレスが半端じゃなかった。カメラを手放した理由もそれが一番大きかったように思う。ちょうど別の方面から自己肯定感が実感できるようになった時期でもあったから自然な流れだったと思う。

もちろんこの一連の流れは現時点の僕なりに解釈したストーリーに過ぎないが、少なくとも当時よりは客観視できている自信がある。過去の自分を否定するわけではなく、かといって肯定するわけでもなく、ただそうだったと振り返ることができるようになったのは、最近はじめて「生きる意味」について考えたことが何より大きい。

hiki-jiritsu.hatenablog.com

死んだ後のことは生きている限り分からない。分からない以上は絶対的な価値判断もできない。それならしないほうが苦しまずに済みそうだ。というのがとりあえずの結論になった。

そこで改めて考えてみると、別にカメラを自分の中でどう位置づけようがかまわないんじゃないかと思う。たとえ所有する満足感のためでも、写真を嗜んでいるアピールのためでも、それならそれで良いんじゃないかと。

そう思ったら、XQ2を買ったばかりなのにまた新しいカメラが欲しくなってしまった。どうせならEVFが付いていて操作性に優れたカメラがいいな。今回は短期アルバイトで稼いだ分がまだあるから、中古を視野に入れれば選択肢も多い。STYLUS 1、RX10、X30、NEX-6、P7800...。あれこれ考えながら比較するのは楽しい。

その結果X30を買うことにした。すでに生産終了で新品が値上がりしているから状態のいい中古品を。XQ2を下取りに出すことも考えるとマップカメラがいいかな。その前に持ち運び方法を考えなくては。コンデジとしてはかなり大きい部類だから。

そうしてワクワクしながらケースを選んでいたら、「ダッシュポイント」というシリーズを見つけた。バッグのヒモ部分に取り付けたり、単体で肩から掛けることができる。小さい方から10、20、30というサイズ展開で、30ならX30も入りそう。

 

 

あれ?もしかして10はXQ2にぴったりじゃないか。そう思った瞬間に、XQ2をそのまま使い続けるという選択肢が思い浮かんできた。XQ2をX30に置き換えた場面を想像すると、やっぱり大きすぎる気がする。価格的にも、落としたり無くしたりした時のショックが大きい。確かに撮影は楽しくなるだろうが。

いろいろ天秤にかけた結果、やっぱり安さと小ささによる気軽さは捨てがたい。そのためにダッシュポイント10を購入してXQ2を使い続けることにした。

考え方に変化があったことで、カメラ欲しいループから抜けたような気がしていたが、今後もときどき欲しくなりそうだ。でもそのことを以前は否定的に捉えていたから、印象はずいぶん変わった。