ひきこもりから自立を目指す

日常や心境を記録中・・・

MENU

アルバイトが決まった

 アルバイトを探そうと思うとなかなか気分が乗らずにいたが、この前の職場見学に触発されてやっぱりやってみようという気になった。ちょうど来学期が始まるくらいまでの短期アルバイトがあったので数日前に勇気を出して電話して、今日の面接でやることが決まった。

 話を聞いた感じ、その仕事はリピーターが多いらしい。職場の雰囲気が良いと捉えることもできるが、すでに仕事に慣れて仲のいい人たちの中へ行く不安もある。でも初対面同士なら楽というわけでもないか。とえりあえず、なんでも上手くやろうとするのはあきらめて、上手くいかなかったときにその自分を認める方向で準備しようと思う。ほぼフルタイムの仕事なので、今後勉強しながらどれだけ働けそうか知ることもできると思う。

 アルバイトの面接を受けることや働くことになったことをいつも世話になっている方たちに報告したが、もっと褒めてもらえるものだと思っていた。僕としては5年ぶりのアルバイトだし、まず電話からして大の苦手だから。でも今の自分は他人から見たとき、そのくらいはできて当たり前に見えているならかえって自信になる(有能さを隠し持っている人を装っていることを考慮しても)。他人を褒めることは、自分がその人の上限だと思うラインを伝えることにもなることを知った。