MENU

久しぶりに床屋へ行った

あまり家から出なくなってからは床屋へ行くのも億劫になり、ここ数年はバリカンで済ませていた。耳周りや襟足はハサミで整えるくらいにこなれてきたが、どうしても、ハチ周りのボリュームを抑える方法が見つからない。そのままだとシルエットが○頭そのものなので、たまに出かけるときには必死にドライヤーで潰す作業が必要だった。

坊主にすればあらゆる面で楽なことは、僕の15年あまりに及ぶ坊主生活で十分理解している。でもどうしても戻りたくない。

色々考えてようやく、ハチ周りだけ刈り上げれば解決することに気付いた。自分ではできないので、観念して床屋へ行くしかない。

QBハウスのいいところ

QBハウス」という名前は聞いたことがあったが、1000円カット専門店だと知って驚いた。(ダンディハウスとごっちゃになっていた)近場では一番安い、というよりこれより安い店があるとは思えないし、何より10分で済ませてくれるのがありがたい。

初めての床屋へ行くこと自体勇気がいるし、ましてや数日前に自分で切り散らかした頭を見せに行くと思うと不安だったが、一度行って嫌な思いをしたら止めればいいと自分に言い聞かせて、ついに出かけた。

入り口付近の販売機でチケットを購入(1080円)することと、シャンプーの代わりに掃除機のようなもので吸われる以外は、いたって普通の床屋という感じ。対応は丁寧で、とにかくハチ周りを短くしてもらうことしか考えていなかったが、それを聞いたうえでいい感じに仕上げてくれた。

やっぱりプロは違うなという感想しかない。セルフカットで十分と思っていたのは、どうやらやせ我慢だったようだ。

そして地味にうれしいのが、一切話しかけられないこと。他にいた人も会話していなかったので、店の方針なんだと思う。本当に10分かからないくらいで仕上がったので、親睦を深めている暇はないのかもしれない。

やっと納得のいく髪型と、金銭的にも精神的にも時間的にも気軽に行ける床屋が見つかった。

ちなみにWebサイトから混雑状況をリアルタイムで確認できて便利。

www.qbhouse.co.jp