ひきこもりから自立を目指す

日常や心境を記録中・・・

MENU

部屋に緑がほしい― 壁掛け観葉植物を自作

部屋の整理が終わったら、観葉植物を買おうと思っていた。でも空いたスペースの分、余裕を持たせて物を置くようになってしまって、結局空きスペースは以前とほとんど変わらない。

仕方がないからエアープランツでも壁にかけるか、と思って調べてみると、「壁掛け観葉植物」というジャンルがあると知った。

壁かけタイプ | 無印良品ネットストア

観葉植物の通販・プレゼントはミドリエデザイン

グリーン(観葉植物)とインテリアを掛け合わせ新しい価値を創造するPIANTA×STANZA(ピアンタスタンツァ)

しかし価格は安いものでも4000円くらいか。ちょっと手が出ない。

そもそも観葉植物が欲しいのは、緑(視覚的な癒し)が欲しいからだ。酸素が足りないわけでも、成長を見守りたいわけでもない。だったら、フェイクグリーン(人工観葉植物)でもいいんじゃないか。

そう思って、「壁掛け用の観葉植物」を自作(真似)することにした。

材料は100均で

ダイソー(一部セリア)で購入したものは以下の通り。

グルーガンホットボンド

f:id:h_imwikr:20151022184419j:plain

・土台
木箱も使えそうと思ったが、壁に掛けるとなると薄い方が良さそうだったので、フォトフレームをチョイス。

f:id:h_imwikr:20151022184505j:plain

・フェイクグリーンたち
ちょっと多すぎた...。

f:id:h_imwikr:20151022184517j:plain

工程

フェイクグリーンをバラして、大まかな配置を決める。

f:id:h_imwikr:20151022184531j:plain

どうやってリアリティ(生えてる感)を出そうか、作るまで考えていなかったのでしばらく悩んだ。フォトフレームに挟まっていたアクリルカバーを抜くと、その厚み分の隙間ができるので、そこに収まるように裏からホットボンドで固定することにした。

f:id:h_imwikr:20151022184541j:plain

グルーガンは前から気になっていたが、今回初めて使うことができた。すぐに固まるし、匂いもない、それでいてがっちり固定される。評判通り、とても便利な道具だと思いました()

f:id:h_imwikr:20151022184604j:plain

一通り固定し終えたところ。こんな感じで立てて置くのもいいと思ったが、あいにく場所がない。

f:id:h_imwikr:20151022184616j:plain

完成!

あとは、あふれ出るチープ感をボリュームでごまかして完成。予想以上の出来栄えで満足。

f:id:h_imwikr:20151022184624j:plain

ちなみにフェイクグリーンは風水的に、「死んだ植物」とみなされてマイナスらしい。確かに生気は感じられないし、期待していた癒しの効果は正直言って微妙なところ...。やっぱり本物の植物には敵わない。

それでも、地味な部屋に突如現れたおしゃれ風のオブジェとしては、かなり気に入っている。僕自身、この狭い部屋にどうやって緑を置こうか、結構考えていたので、こういう選択肢もあるよってことを、紹介(自慢)したかった次第です。

追記
なんかすごく上手くできた気がして得意げになってしまったが、だんだん邪魔になってきて結局捨ててしまった。

hiki-jiritsu.hatenablog.com