MENU

Windows10 に手動アップグレード

マイクロソフトの公式サイトで公開されている「メディア作成ツール」を使えば、事前予約をしていなくてもすぐにWindows10にアップグレードできると知って、早速試してみた。

アップグレード前の作業

対応状況の確認

メディア作成ツールを通してアップグレードする場合、互換性のチェックが行われないので、メーカー製PCを使っている場合は一応事前に対応状況をチェックしておいた方がいいと思う。何かと話題になるレノボ製のノートPCを使っている。

WINDOWS 10 アップグレード対象製品 - Lenovo Support (JP)

セキュリティソフトのバージョンアップ

「ESET SMART SECURITY」というセキュリティソフトを使っている。バージョン7はWindows10に対応していないので、こちらからバージョン8に上げておく。

バージョンアップ:ESET Smart Security V8.0 のバージョンアップ手順|キヤノンITソリューションズ

システムイメージのバックアップ

Windows8.1の標準機能「システム イメージ バックアップ」を使って、念のためシステムドライブをバックアップ。コントロールパネル -> システムとセキュリティ -> ファイル履歴 の左下にある。

あとはメディア作成ツールの手順に従うだけ。最初に「このPCを今すぐアップグレードする」を選択すれば、殆ど勝手にやってくれた。システムドライブの空き容量は15GBくらいあれば大丈夫だと思う。

アップグレード後の作業

またRAMディスクか?

Windows10が最初に起動するとRAMディスクの割り当てが外れていたので、今までどおりBUFFALOの「RAMDISK ユーティリティ」を使って再度割り当てた。

再起動後、まさかのブルースクリーン

PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA

とある。

そのまま起動しなくなってしまったのでセーフモードで起動後、割り当てを無効にして再起動した。その後「RAMDISK ユーティリティ」をインストールし直したら正常に割り当てることができた。

*セーフモード中、なぜかスタートボタンを押しても何も起こらなかったので、デスクトップを表示した状態で「Alt + F4」を押して再起動した。

【追記】Winsowsアップデートで再度発生。もうRAMディスクはやめることにした。

hiki-jiritsu.hatenablog.com

QTTabBarの表示

エクスプローラにタブを追加するソフト。タブバーが表示されていない場合は、エクスプローラのリボンにある「表示」 -> 「オプション」から表示できる。しかし表示が崩れていたので、最新版を上書きインストールしたら正常に表示されるようになった。

高速スタートアップを無効化

Windows8 / 8.1では外付けHDDのトラブルの原因と言われていた。その後どうなったか知らないので一応無効化しておいた。コントロールパネル -> 電源オプション -> 電源ボタンの動作を選択する。

あとからハードウェアの構成を変更した場合

ハードウェアに大きな変更を加えると、認証手続きが必要になることは今までと同じ。僕はノートPCしか使ってこなかったので、今まで無縁だと思っていた。でも今回は無料アップグレードと言うこともあって、認証が無効にる条件や、その後再認証できるか否か、まだはっきりわからないらしい。だからノートPCであっても、できるだけメモリ増設等を済ませてからアップグレードするのが確実だと思う。

Windows10自体は、まともなスタートメニューが復活したことをはじめ、全体的な使い勝手は向上しているし、見た目もカッコいい。タスクバーにより多くのアイコンを置けるようになったり、マウスでのAeroスナップ操作がデュアルディスプレイに対応したり、アニメーションがリッチになったり、地味な改善点も多い。不満な点は、設定項目がどこにあるか把握しづらいことと、最初Wi-Fiが不安定だったことくらい。

ただ、そのうちにSSDとメモリを換えようと思っているので少し不安が残る。

【追記】無事に換装できた。

hiki-jiritsu.hatenablog.com

参考にしたサイト

www.itmedia.co.jp

ascii.jp

sfpgmr.hatenablog.jp