読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

GRの画像設定

1か月前にRICOHのGR(コンデジ)を購入した。GRのRAWファイルはDNGという形式で、Adobeの「DNG Codec 2.0」をインストールすると、Windows標準の画像ビューアーでも見られるようになる。

最近なんとなくDNGを見てみたら、ものすごい解像感に驚いた。初めてSIGMAのDPシリーズで撮られた画像を見たときのような衝撃。

等倍で切り出した。
DNG(左)と撮って出しのJPEG(右)
画像をクリックすると拡大できます。

f:id:h_imwikr:20150726200141p:plain

f:id:h_imwikr:20150726200142p:plain

f:id:h_imwikr:20150726200144p:plain

f:id:h_imwikr:20150726200143p:plain

f:id:h_imwikr:20150726200145p:plain

画像設定のシャープネスを最低の1に落としているとはいえ、同じカメラとは思えないほど。質感が手に取るようにわかって楽しい。

ISO400くらいから輝度ノイズが見え始めたり、モアレが強調されてしまう欠点があるけれど気にならない範囲。

シャープネスの処理が上手いだけでなく、小さい文字などを見比べると情報量からして違う。

PCでさえ開くまで数秒かかる程の処理を、GRがリアルタイムでできるとは思えないので、この差は仕方ないかもしれない。

以前使っていたPentax QのRAWファイルもDNGだったので、JPEGと比較してみた。

f:id:h_imwikr:20150726200146p:plain

f:id:h_imwikr:20150726200147p:plain

GR程の差はない。でも保存にかかる時間は格段に長かった。GRは処理速度にこだわっているように感じる。

GR付属のSILKYPIXで試しに現像してみると、ナチュラル+ピュアディティールで近い解像感が得られた。でも細かく見れば、シャープネスの線が太くて及ばない。

f:id:h_imwikr:20150726200148p:plain

Lightroomをつかえば、この解像感を出せるんだろうか。興味が出てきた。

なんとかGRの画像設定で近づけようと設定したら以下のようになった。

before(左)
彩度 : 5
コントラスト : 3
シャープネス : 1

after(右)
彩度 : 6
コントラスト : 5
シャープネス : 3

f:id:h_imwikr:20150726200149p:plain

シャープネス以外の項目も見栄えには重要みたいで、なかなか好みの雰囲気になった。
むしろ等倍で見ない限りシャープネスは関係ないか。