MENU

自立計画(草案)

もう10年近く同じことで悩んでると思うと、逆にこれは財産になる気がしてきた。いっそカウンセラーを目指そうかと思って調べてみると、「臨床心理士」という資格が重要らしい。その受験資格は指定大学院を出たあと場合によっては1年間の実務経験が必要で、今の僕には恐ろしくハードルが高い。まず大学に入り直す必要がある。

でもその過程は僕自身の悩みを解決するのに役立つかもしれない。今までアルバイトなんてもってのほかだったけれど、学費のためと思えば頑張れそうな気もする。

とりあえずはこの気持ちがどこから来ているか見極める必要がある。先日、それまで続けてきたアプリ開発に執着していることに気づいて一旦やめたので、今はこれと言って打ち込むことがない。何もしていない自分の価値を認めたいと思っている最中。
そこにふっと出てきたこの気持ちは、もしかしたら「何かしなければ」という考えから生まれたものかもしれない。それだと何も解決しない。

もし本当に、自分の経験に専門の知識をプラスして役立てたいという純粋な気持ちであれば、すぐにでも行動したい。

大学に2年間在学したことが認められて3年次編入できたとしても、受験資格を得るまで最短で5年はかかる。そういうと途方もなく長く思えるが、今まで悩んできた期間に比べればはるかに短い。