MENU

心境

なんのために生きるのか

「ウレロ☆シリーズ」というコメディドラマがある。過去にシーズン4まで放送されていて、僕は「Tver」というサイトで少しだけ見たことがあった。出演者の東京03が好きで、あとは早見あかりがやたら可愛い。 なんとなくAmazonのプライムビデオを眺めていたら、…

これからどうしようか

最近はなんだか気が重い。まあ一言でで言ったら「不安」だろうな。現実と向き合ってみようと思いながら過ごしていたら、不安ばかりが募っていった。 「ひきこもりから自立を目指す」なんていうブログを書きながらもあまり乗り気じゃないのは、すぐに自立しな…

やっぱり現実逃避は楽しい

母の話によると、最近外はすっかり寒くなったようだ。そういう話題が出るたびに、「まあ、ずっと家にいるような奴には分からないだろうけど」みたいなニュアンスを感じてしまう。それくらい家にいても分かるわ! 外に出ることがそんなに偉いのか?ん? ずっ…

Adnroidアプリを作ろうと思う

hiki-jiritsu.hatenablog.com これからどこでどうやって暮らしていきたいか、なんとなくイメージして皮算用してみたところ、ネットで毎月10万円稼げれば実現できそうな気がする。だからこれを一つ目の目標としたい。 僕は以前、Androidアプリを作っていた時…

僕も頑張れるかもしれない

「ひきこもりから自立を目指す」というタイトルでブログを続けてきたが、もうずっと自立を目指していない。 社会でやっていく自信がないから、その社会をなんとか否定できないかと考えてみたり、「意識とはなにか」という、すぐに分かるはずがないハードプロ…

ああ生きづらい

ちょっとしたことで気分が落ち込むことがある。 昨日は久しぶりに、妹が姪を連れて帰ってきたので、家族で夕飯を食べた。 楽しく団らんできてもおかしくないはずなのに、僕は相変わらず無口で、何もしていないのに気疲れが半端じゃなくて、帰ってきてしょん…

「人間らしさ」ってなんだろう

放送大学テキスト「乳幼児・児童の心理臨床」を読んでいたら、「虐待」について書かれた章があった。 虐待は、あめりか語で"child abuse"と言う。"abuse"の直訳は「乱用」で、「強い立場にある親が権力を乱用する」というようなニュアンスがあるらしい。 そ…

どうして「痛み」を感じるのか分からない

放送大学テキスト「比較行動学」を読んでいる。 そこには、人間以外の動物の知的な行動がたくさん出てきた。それは霊長類に限らない。 カケスという、食べ物を貯蔵する習性がある鳥は、「いつ」「どこに」隠したかを覚えることができる(時間の前後関係を理…

自己責任!自業自得!

数日前、部屋の模様替えついでにモニターアームを買った。 hiki-jiritsu.hatenablog.com モニターアームを使えば、PCディスプレイを自在に配置できる。 でも設置は面倒だし、位置や角度の調整に気を遣うし、デメリットもある。安いものでもないし。 モニター…

脳内麻薬にやられてしまったのか?

10月になったので放送大学2学期の勉強を始めた。 生活のリズムから勉強がすっかり抜け落ちていて、いまだに超スローペースだが、今学期はこれまで以上に興味で選んだ科目が多いので、なんとか続いている。 今は「人体の構造と機能」のテキストを読んでいる。…

ぼくの悲しい思い出 & 自殺について

自分のひきこもり生活をブログに書き、自分の人生をつづったページを作り、動画サービスで実況しつつ自殺した人(仮にMHさん)が話題になっている。 はじめは興味半分で「俺の人生」を読み始めたが、僕の経験と似ていていろいろ思いだした。悲しいエピソード…

暮らしに役立つ心理学

このブログのアクセス数は少ない。しかもその大半が、タブレット端末について書いた記事に集中している。僕なりに考えたことを書いた記事については、全くと言っていいほど見られていない。 内容的にも、わざわざブログに書くほどのことじゃないという自覚が…

なぜ録画した自分の姿や録音した自分の声は気持ち悪いのか

小学3年生のころだったと思う。僕は教室にいる自分を客観的に見ている夢を見た。先生に指名されて皆の前に行って戻ってくる、その一挙一動がわざとらしく、気持ち悪いと感じた。 高校生のころ、携帯で録音した自分の声を聞いたときは、あまりのキモボイスに…

幼いころからある社会不適合感

数日前に、録画してあった「踊る!さんま御殿!!」の再放送を見ていたら、加藤夏希が出ていた。 「相変わらずきれいだなー」と思って見ていたら、まだ30歳(当時)だと知って驚いた。誠に勝手ながら、あの人の全盛期は10年前だと思っていたから。 そうすると…

人によって態度を変えるぼく

久しぶりに外出したら、その帰りに大雨に振られた。顔のあたりは傘で死守したが、それ外はずぶぬれ。そうやって家に着いて玄関に入った時の、静かで温かい安ど感がたまらない。 最近は天気が悪いこともあって外出もせず、かといってやることもないのでずっと…

Adobeの広告にびつくり

さっき調べ物をしていて「教えて!goo」のページを開いたら、急に大きな音が鳴りだして心臓が止まった。 動画広告、それも勝手に再生して大音量の音楽まで流す。こんな質の悪い広告はアダルトサイトでも見ないぞ。どんなクソ企業の広告かと思ったら、なんとA…

かつてないほど自然に読書をしている

IQテストが出てくるテレビ番組を見たが、答えが全く分からなかった。心理学を勉強しているのに、僕が本を読まなければ知りえなかった考え方に、素朴に到達した人がいることを知った。ギターがだいぶ上達してきたが、自分よりはるかにうまい6歳児の動画をYouT…

恵まれているはずなのに

9月6日 火曜日 ☀ ときどき ☁ 先生、あのね 今目は、amPlug2 AC30とゆう、ギターアンプを買いました。 こんなぐちゃぐちゃしてたのが こんなきれいになりました。 うれしかったです。 果 巣 たん4の電地で動きます。なので、たん4の電地のエネループを4…

「感動ポルノ」は無くならないと思った

相変わらず堕落した生活を送っている。昨日は夜ずっとYouTubeを開いて、そのうち難病や奇病の動画を見だした。はじめは興味半分から。 先日の24テレビの裏で、NHKの「バリバラ」という番組が「検証!<障害者×感動>の方程式」と題した内容を放送して話題に…

架空請求業者同士の電話がくそ面白い

最近はすっかり堕落した生活を送っていて、YouTubeで動画を見ている時間も長い。僕は電話が苦手なので、ほかの人がどのように話しているのか気になって電話動画を探していたら、架空請求業者同士を電話させる動画にたどり着いた。 www.youtube.com 非通知で2…

とあるイベントにサポート役として参加した

初めて対人の仕事(と言ってもボランティアだが)を経験できる機会があったので、勇気を出して昨日今日の2日間でイベントに参加してきた。夏休み中の中高生に向けたPC関係の講座で、PC操作に関わるサポート役という名目だった。 分かってはいたけど、それ以…

相模原の事件を受けて

どうせ生きるなら幸せでいたい。でもそこに何か条件が付くと、それを失う不安が付きまとう。だからと言って、何にも依存せずに生きることは出来そうにない。仮にできたとしても、その考えを死ぬまで持ち続けられる保障はない。考え方は脳次第でいくらでも変…

ポジティブ・イリュージョン

先週から妹が、1歳半になる姪を連れて帰省してきている。訳あって会うのは1年ぶりだが、もうじきハイハイしそうだった姪がすっかり走り回る様になっていて驚いた。愛嬌もあって可愛い。 妹は母親として、そろそろしつけを始める時期にあるが、今は何かできた…

想像の余地を残す

数日前に、人と会う約束があったのにすっかり忘れていて、気づいた時にはもう間に合わない時間になっていた。電話は大の苦手だけど仕方がないので連絡を入れたら、後ろめたさもあってしどろもどろになってしまった。どうしてこんなに苦手なんだろうか。 そこ…

人中毒

短期アルバイトが終わってから2か月が経とうとしている。最後にサポートステーションへ行ったのはそれが決まる前だったから、もう4か月くらい経つか。通っていた期間より長くなってしまった。時間が空くほどまた行くのに勇気が必要になる。 それでも、これま…

いずれ死ぬのになぜ生きるのか

「いずれ死ぬのになぜ生きるのか」、多くの人が10代に一度は考えるらしいこの問題に、僕は26歳になった今はじめてぶち当たって、どうしていいか分からなくなってしまった。死んだら何も無くなると思う。それなのにどうして頑張るのか。 この難しい問題に、皆…

自己中心的な世界に生きる母

今年の始めに母が仕事を辞め、僕も先月アルバイトが終わって、二人で家にいる時間が多くなった。以前にも増して母への不満が募ってまう。 今朝、母は親戚関係の写真を印刷していた。僕はその隣でご飯を食べていたら印刷が始まって、そしたら母が「あーあー」…

目標が無くても勉強する

放送大学の通信課題は、全15回の講義の中で前半の8回分が範囲になっている。まずはそこまでテキストを読んだあと、今学期は放送授業を視聴すると決めていたので先週からインターネット経由で視聴し始めた。 テキストを読んでいるときと違って講義らしいし、…

世界観を築くことが苦手なのかもしれない

毎日9時間くらい寝てるのに、相変わらず朝からなんとなく眠い。テキストを読んでも頭に入ってこないので、「今日は勉強しない日」と決めたら気持ちが楽になった。まずは昼寝して、それから手塚治虫の漫画(Kindle版)を読んだ。 その中の1冊「紙の砦」という…

なんだかんだ言って自分が嫌いじゃない

最近やたら眠くて、アルバイトが終わったらやろうと思っていたことがなかなか手につかない。放送大学の新学期が始まったからテキストは毎日読んいるけれども、それも他にやることが無いからやっているような気がする。アルバイトの大変さを思えば何でもでき…

短期アルバイトで分かったこと

1か月半の短期アルバイトが終わった。一日一日が長く感じられて史上最長の1か月半だった。 心の壁を痛感 いつも見ている現実は、現実をありのままに捉えたものではなく脳内で作り出したモデルらしい。 hiki-jiritsu.hatenablog.com アルバイトの期間中、その…

同僚が発達障害かもしれない

短期アルバイトも終盤になって今更だけど、同僚の一人が発達障害かもしれない。 ・遅刻は当たり前 ・無断欠勤も ・翌日何事もなかったかのように出勤 ・自分から挨拶できない ・お礼も言えない ・隙あらばくつろぐ ・同じミスを繰り返す ・それでも分からな…

本当に一人でいることが好きか

アルバイトを始めて3週間がたった。アルバイト先には同年代の人たちが多いが、まだ打ち解けて話せる人はいない。自分から話しかける勇気が出ない面もあるが、本当に話したいかと考えると「一人が気楽でいいや」と思ってしまう。でも「一人はみじめ」という思…

心理カウンセリングの意義

放送大学の「教育心理学概論」のテキストによると、ある問題を解くとき、さりげなく与えられたヒントの直後にほとんどの人が正解できたにも関わらず、その理由を尋ねてもヒントに言及する人はほとんどいなかった。「答えが突然ひらめいた」と感じる人もいれ…

【読書】心をつくる―脳が生みだす心の世界

「これからは脳科学の時代ですよ」という臨床心理士の方の言葉に影響されて、それと関係ありそうな「心をつくる―脳が生みだす心の世界」という本を読んだ。 この中では、普段見ている「世界」は直接知覚しているのではなく、あくまで脳が作り出したモデルだ…

アルバイトが決まった

アルバイトを探そうと思うとなかなか気分が乗らずにいたが、この前の職場見学に触発されてやっぱりやってみようという気になった。ちょうど来学期が始まるくらいまでの短期アルバイトがあったので数日前に勇気を出して電話して、今日の面接でやることが決ま…

貯まってしまった小銭たち

人からどう思われるか気になりすぎると、些細な事でも考えて行動しなければいけない。レジでお金を取り出す時間がかかると周囲の人をイライラさせてしまうかもしれないとか、小銭の組み合わせによっては頭が悪いと思われるかもしれないとか、ぴったり支払う…

職場見学から

「放課後等デイサービス」の施設へ初めての職場見学へ行った二日前は、いろいろなショックが重なって混乱してしまった。感情的になりすぎた感があるので、もう一度振り返って考えを整理してみる。 hiki-jiritsu.hatenablog.com 見学の前にあれこれ想像しても…

職場見学

「放課後等デイサービス」という、障害を持った子どもが放課後に行く学童保育のような施設がある。サポートステーションで職場見学できる機会があったので、あわよくば働くつもりで今日行ってきた。 心理学を学ぶ上で、障害というある意味強すぎる個性を持っ…

久しぶりに反省

今日は珍しく母と話をした。その中で「今度講演会に行く」といってチケットを見せてくれた。主催者は自己啓発界で有名な方で僕もその人の本を読んだことがある。母は自身のことについて「真剣に考えたい、でも仕事があるから...」ということを幾度となく繰り…

今日もたくさん話をした

人と話すことに慣れていないせいか、長く話すことがあった日は軽い頭痛がしたりやたら眠くなる。でもそうやって帰ってくると、見慣れた自室がいつもと全く違う場所に見えて、今日もまた考え方に大きな変化があったことを実感する。 僕にはなんでも答えを出し…

勉強のモチベーション

サポートステーションに通い始めて延べ30人くらいに会ったと思う。男女の比率は半々かやや男が多い。そしてその中に毛深い人が多いことに気づいた。 僕は自分より毛深い人をほとんど見たことがないほど毛深い。特に数年前までは強い劣等感があって常に人と比…

基本的な帰属のエラー

今月末に、放送大学で勉強を開始してから初めての単位認定試験がある。当初の予定通りに進まなかったこともあって、ここ一週間は一日の大半を勉強して過ごしている。こんな経験は今までにはなかった。 何よりも勉強嫌いだった僕が、どうして真剣に取り組める…

失望

夕飯を作ったり洗濯物を取り込んだりといった家事の一部は僕がやっている。でも母が仕事を年末で辞めることになっていたので、僕もそのつもりで行動してきた。今はそんなに忙しいわけではないが、放送大学で勉強を始めたり徐々に外に出るようになったことも…

現実

サポートステーションに通いはじめたことで、外出することが特別なイベントではなくなってきた。昨日はサポートステーションから派生した集まりにも参加した。毎回緊張するし楽しいとは思わないが無理という感じでもない。まだ行ける、行きたいという気持ち…

【読書】 脳と言葉を上手に使う NLPの教科書

NLP(神経言語プログラミング)という言葉を知って気になったので、「脳と言葉を上手に使う NLPの教科書」を図書館から借りてきて読んだ。 NLPとは NLPは1970年代、当時優れた成果を上げていた心理療法家たちを研究して、その方法を誰でも使えるように体系化…

サポートステーションに行ってきた

就労につながる支援をしてくれる「サポートステーション」という場所がある。3,4年ほど前、母に「そういう所があるから行ってみたら」と言われた時は余計なお世話だと思ったが、いざ外へ出ていこうと考えてニートやひきこもりを支援してくれるところを探すと…

勉強していると損な気がする

放送大学で勉強を始める前は、一日中机に向かって打ち込む姿をイメージしいていた。でも勉強を始めてから1か月半、生活は以前とあまり変わらない。相変わらずネットやテレビ、昼寝をしたりで一日の大半を過ごしてしまう。内容は面白いと思うのに、「勉強して…

咳のリズム

昨日から長野の祖父の家に来ている。行きの電車で座った指定席の真後ろに、咳のうるさいおっさんが座っていた。真後ろで豪快にやられるもんだから、手ぐらい当てくれよとイライラしてしまったが勿論言えない。空いているなら間隔を空けて配置すべきだろうと…

とりあえず行動してみるか

放送大学で勉強を始めた理由は、僕自身の悩みを解決するヒントになればいい、ゆくゆくはそれを人のために生かしたいと思ったから。口ではそう言っても、自分の問題が片付かないうちに「人のため」って、改めて考えると不自然な気がする。 最近母と会話してい…