読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

想像の余地を残す

数日前に、人と会う約束があったのにすっかり忘れていて、気づいた時にはもう間に合わない時間になっていた。電話は大の苦手だけど仕方がないので連絡を入れたら、後ろめたさもあってしどろもどろになってしまった。どうしてこんなに苦手なんだろうか。 そこ…

人中毒

短期アルバイトが終わってから2か月が経とうとしている。最後にサポートステーションへ行ったのはそれが決まる前だったから、もう4か月くらい経つか。通っていた期間より長くなってしまった。時間が空くほどまた行くのに勇気が必要になる。 それでも、これま…

いずれ死ぬのになぜ生きるのか

「いずれ死ぬのになぜ生きるのか」、多くの人が10代に一度は考えるらしいこの問題に、僕は26歳になった今はじめてぶち当たって、どうしていいか分からなくなってしまった。死んだら何も無くなると思う。それなのにどうして頑張るのか。 この難しい問題に、皆…

自己中心的な世界に生きる母

今年の始めに母が仕事を辞め、僕も先月アルバイトが終わって、二人で家にいる時間が多くなった。以前にも増して母への不満が募ってまう。 今朝、母は親戚関係の写真を印刷していた。僕はその隣でご飯を食べていたら印刷が始まって、そしたら母が「あーあー」…

目標が無くても勉強する

放送大学の通信課題は、全15回の講義の中で前半の8回分が範囲になっている。まずはそこまでテキストを読んだあと、今学期は放送授業を視聴すると決めていたので先週からインターネット経由で視聴し始めた。 テキストを読んでいるときと違って講義らしいし、…

世界観を築くことが苦手なのかもしれない

毎日9時間くらい寝てるのに、相変わらず朝からなんとなく眠い。テキストを読んでも頭に入ってこないので、「今日は勉強しない日」と決めたら気持ちが楽になった。まずは昼寝して、それから手塚治虫の漫画(Kindle版)を読んだ。 その中の1冊「紙の砦」という…

なんだかんだ言って自分が嫌いじゃない

最近やたら眠くて、アルバイトが終わったらやろうと思っていたことがなかなか手につかない。放送大学の新学期が始まったからテキストは毎日読んいるけれども、それも他にやることが無いからやっているような気がする。アルバイトの大変さを思えば何でもでき…

短期アルバイトで分かったこと

1か月半の短期アルバイトが終わった。一日一日が長く感じられて史上最長の1か月半だった。 心の壁を痛感 いつも見ている現実は、現実をありのままに捉えたものではなく脳内で作り出したモデルらしい。 hiki-jiritsu.hatenablog.com アルバイトの期間中、その…

同僚が発達障害かもしれない

短期アルバイトも終盤になって今更だけど、同僚の一人が発達障害かもしれない。 ・遅刻は当たり前 ・無断欠勤も ・翌日何事もなかったかのように出勤 ・自分から挨拶できない ・お礼も言えない ・隙あらばくつろぐ ・同じミスを繰り返す ・それでも分からな…

本当に一人でいることが好きか

アルバイトを始めて3週間がたった。アルバイト先には同年代の人たちが多いが、まだ打ち解けて話せる人はいない。自分から話しかける勇気が出ない面もあるが、本当に話したいかと考えると「一人が気楽でいいや」と思ってしまう。でも「一人はみじめ」という思…

心理カウンセリングの意義

放送大学の「教育心理学概論」のテキストによると、ある問題を解くとき、さりげなく与えられたヒントの直後にほとんどの人が正解できたにも関わらず、その理由を尋ねてもヒントに言及する人はほとんどいなかった。「答えが突然ひらめいた」と感じる人もいれ…

【読書】心をつくる―脳が生みだす心の世界

「これからは脳科学の時代ですよ」という臨床心理士の方の言葉に影響されて、それと関係ありそうな「心をつくる―脳が生みだす心の世界」という本を読んだ。 この中では、普段見ている「世界」は直接知覚しているのではなく、あくまで脳が作り出したモデルだ…

アルバイトが決まった

アルバイトを探そうと思うとなかなか気分が乗らずにいたが、この前の職場見学に触発されてやっぱりやってみようという気になった。ちょうど来学期が始まるくらいまでの短期アルバイトがあったので数日前に勇気を出して電話して、今日の面接でやることが決ま…

貯まってしまった小銭たち

人からどう思われるか気になりすぎると、些細な事でも考えて行動しなければいけない。レジでお金を取り出す時間がかかると周囲の人をイライラさせてしまうかもしれないとか、小銭の組み合わせによっては頭が悪いと思われるかもしれないとか、ぴったり支払う…

職場見学から

「放課後等デイサービス」の施設へ初めての職場見学へ行った二日前は、いろいろなショックが重なって混乱してしまった。感情的になりすぎた感があるので、もう一度振り返って考えを整理してみる。 hiki-jiritsu.hatenablog.com 見学の前にあれこれ想像しても…

職場見学

「放課後等デイサービス」という、障害を持った子どもが放課後に行く学童保育のような施設がある。サポートステーションで職場見学できる機会があったので、あわよくば働くつもりで今日行ってきた。 心理学を学ぶ上で、障害というある意味強すぎる個性を持っ…

久しぶりに反省

今日は珍しく母と話をした。その中で「今度講演会に行く」といってチケットを見せてくれた。主催者は自己啓発界で有名な方で僕もその人の本を読んだことがある。母は自身のことについて「真剣に考えたい、でも仕事があるから...」ということを幾度となく繰り…

今日もたくさん話をした

人と話すことに慣れていないせいか、長く話すことがあった日は軽い頭痛がしたりやたら眠くなる。でもそうやって帰ってくると、見慣れた自室がいつもと全く違う場所に見えて、今日もまた考え方に大きな変化があったことを実感する。 僕にはなんでも答えを出し…

勉強のモチベーション

サポートステーションに通い始めて延べ30人くらいに会ったと思う。男女の比率は半々かやや男が多い。そしてその中に毛深い人が多いことに気づいた。 僕は自分より毛深い人をほとんど見たことがないほど毛深い。特に数年前までは強い劣等感があって常に人と比…

基本的な帰属のエラー

今月末に、放送大学で勉強を開始してから初めての単位認定試験がある。当初の予定通りに進まなかったこともあって、ここ一週間は一日の大半を勉強して過ごしている。こんな経験は今までにはなかった。 何よりも勉強嫌いだった僕が、どうして真剣に取り組める…

失望

夕飯を作ったり洗濯物を取り込んだりといった家事の一部は僕がやっている。でも母が仕事を年末で辞めることになっていたので、僕もそのつもりで行動してきた。今はそんなに忙しいわけではないが、放送大学で勉強を始めたり徐々に外に出るようになったことも…

現実

サポートステーションに通いはじめたことで、外出することが特別なイベントではなくなってきた。昨日はサポートステーションから派生した集まりにも参加した。毎回緊張するし楽しいとは思わないが無理という感じでもない。まだ行ける、行きたいという気持ち…

【読書】 脳と言葉を上手に使う NLPの教科書

NLP(神経言語プログラミング)という言葉を知って気になったので、「脳と言葉を上手に使う NLPの教科書」を図書館から借りてきて読んだ。 NLPとは NLPは1970年代、当時優れた成果を上げていた心理療法家たちを研究して、その方法を誰でも使えるように体系化…

サポートステーションに行ってきた

就労につながる支援をしてくれる「サポートステーション」という場所がある。3,4年ほど前、母に「そういう所があるから行ってみたら」と言われた時は余計なお世話だと思ったが、いざ外へ出ていこうと考えてニートやひきこもりを支援してくれるところを探すと…

勉強していると損な気がする

放送大学で勉強を始める前は、一日中机に向かって打ち込む姿をイメージしいていた。でも勉強を始めてから1か月半、生活は以前とあまり変わらない。相変わらずネットやテレビ、昼寝をしたりで一日の大半を過ごしてしまう。内容は面白いと思うのに、「勉強して…

咳のリズム

昨日から長野の祖父の家に来ている。行きの電車で座った指定席の真後ろに、咳のうるさいおっさんが座っていた。真後ろで豪快にやられるもんだから、手ぐらい当てくれよとイライラしてしまったが勿論言えない。空いているなら間隔を空けて配置すべきだろうと…

とりあえず行動してみるか

放送大学で勉強を始めた理由は、僕自身の悩みを解決するヒントになればいい、ゆくゆくはそれを人のために生かしたいと思ったから。口ではそう言っても、自分の問題が片付かないうちに「人のため」って、改めて考えると不自然な気がする。 最近母と会話してい…

親のせいのするのは的外れ?

放送大学で心理学の勉強を始めて20日ほど週間経った。早くも考え方に変化があったので、大きな悩みの一つ「どこまでが親の責任か」を、もう一度考えてみた。 hiki-jiritsu.hatenablog.com 前提が間違っていた!? 心理学の勉強を始めた理由の一つは、僕の性格…

ほんの一部

僕は自分の中で一番大きい問題を挙げるとき、「人との関りが苦手」と言う。あまりにも漠然としすぎているので整理してみると、「人からどう見られるか気になりすぎる」ことと、「人と会話するときに小声で早口になってしまうこと」に分けられることが分かっ…

いろいろな人がいるんだな

本格的に勉強を始める前に、ちょっと本でも読んでみるか。そう思って図書館から「よくわかる 臨床発達心理学」という本を借りてきて、時々読んでいる。 その本の中盤からは、様々な「障害」について書かれている。そこでダウン症について書かれた章の、最後…

小声・早口が治るかもしれない

いろいろ新しいことを始めるにあたって、電車が苦手なことを何とかしたいと思っている。 「電車が苦手」を治すために - 半ひきこもりから自立を目指すhiki-jiritsu.hatenablog.com しかしそれ以上に、人と話すとき小声で早口になってしまうことが問題かもし…

常識を振りかざす両親

僕の両親は夏になると、やたら窓を開けたがる。家に誰かいるときは常に開けておかないと気が済まないらしい。 集合住宅なので窓の数は多くないとはいえ、朝起きると僕の部屋以外の窓をすべて全開にする。そしてそのまま仕事へいてしまう。 開けっ放しにされ…

「電車が苦手」を治すために

秋から放送大学で勉強を始めようと思う。しかし単位認定試験のたびに、電車で1時間ほどかかる会場に足を運ぶ必要がある。 それから最近「サポートステーション」と言う、職業的自立を支援してくれる施設に興味を持ったけれど、それも少し遠いので電車に乗ら…

一人称が言えない & あだ名で呼べない

「一人称 言えない」とか「あだ名 呼べない」で検索すると、かなりヒットして驚いた。僕も家族の中で一人称が言えないし、高校時代の友達をあだ名で呼べなかった。 一人称 一人称が「ぼく」の時は普通に言えていた。小学校では4年生くらいのときに「俺」に切…

お前がそう思うんならそうなんだろう。お前ん中ではな。

先週の日曜日に安曇野へ出かけたとき、「大王わさび農園」という観光スポットに寄った。さすがに混んでいて、逃げるように少し見て回っただけで終わってしまった。 安曇野を散策 - 半ひきこもりから自立を目指すhiki-jiritsu.hatenablog.com 人からどう見ら…

いつもと違うやり方

1週間ほど、長野にある母方の祖父の家に行ってきた。祖父の家は元々農家だったが、今は畑のほどんどを人に任せて、趣味の果樹園が1枚だけになった。それでも80半ばの祖父が一人で管理するのは大変で、この時期は桃の収穫があるので毎年呼び出しがかかる。身…

【読書】 愛着障害~子ども時代を引きずる人々~

ひょんなことから「愛着障害」と言う本を知って、Kindle版があったので早速読んだ。 愛着障害とは 「アダルトチルドレン」という言葉は、記憶にある限りだとこの本の中で1度しか出てきていないけれど、不健全な家庭が原因で「生き辛さ」を感じると言う意味で…

嬉しい不意打ち

母の仕事が休みだったので昼食を一緒に食べているときに、会話が始まった。まずはPC関係のことから、僕のことに少しふれたあと例に倣って母の話になった。母の生い立ちは僕から見ても結構問題点が多いと思う。・家事を率先して手伝うようないい子だった・優…

自分でコントロールできること、できないこと

僕の家ではクサガメを飼っていて、水槽に外部式のフィルター(ろ過装置)を繋いである。そのポンプの軸がずれると、「ガラガラ」とものすごく大きな音がする。最近軸に汚れがたまったみたいで、度々そのようなことがあった。水槽の位置が母が寝る場所と近い…

必要なモノを見極める

1年間半つづけたアプリ制作を思い切ってやめて良かったと改めて思う。作りたいものがあったわけではなく、「アプリを作ることができる自分」「打ち込むことがある自分」という、他人から良く思われたいという思いが大部分を占めていた。 特にやることが無く…

自立計画(草案)

もう10年近く同じことで悩んでると思うと、逆にこれは財産になる気がしてきた。いっそカウンセラーを目指そうかと思って調べてみると、「臨床心理士」という資格が重要らしい。その受験資格は指定大学院を出たあと場合によっては1年間の実務経験が必要で、今…

流れに身を任せてみようか

一昨日「後ろめたさを感じないプロフェッショナルなニートになりたい」と書いた。 怠けることの難しさ - 半ひきこもりから自立を目指すhiki-jiritsu.hatenablog.com 何も持たない、何もしていない自分を認めることができれば、人の視線が気になるという最大…

怠けることの難しさ

自己啓発本を読んでいると「困難は人を成長させる」というようなことが、結構な頻度で書かれている。久しぶりに読書がしたくなって、一気に4冊の本を読んだ。その中で「賢者の書」という本の序盤に書かれていたことが特に印象に残っている。そこでは行動して…

イライラの原因

僕は毎月「手伝い賃」という名目でお小遣いをもらっている。だから夕飯を作ったり洗濯物を取り込んだりするわけだけれども、その中でイライラすることを挙げてみる。・朝食の後片付けが多いとき・台所のゴミ箱がいっぱいのとき・醤油差しが空なのに補充され…

久しぶりに母と会話した

少し前に母から、今の状況や今後どうするつもりか教えてほしいというメールが来ていた。同じ家にいて毎日顔を合わせているのに、普段はほとんど話すことはない。でもそのことについて久しぶりに会話した。母の一番の興味は、僕がこうなった原因が生まれ持っ…

歯が痛い...

ここ数日違和感のあった左上の歯が、昨日から急激に痛みだした。寝不足気味だし食欲も湧かない。この歯が痛むのはこれが初めてではない。もともと虫歯があって治療してもらったところが、一年ほど前に今回と同じような痛みに襲われた。あまりに痛むので歯医…

自分を受け入れる方法が見えてきたかもしれない

今の自分になってしまったのは、親の所為だと思いたい。でも仮に誰かが親の所為だと認めてくれても、何も解決しない気がする。ありのままの自分を受け入れることが大切かもしれない。というようなことを前回書いた。とりあえずできそうなことからと思って、…

いまさら気づいた父親の習性

母の気持ちは手に取るようにわかると書いた。身近にいる母の気持ちがわかるもんだから、他人の気持ちはある程度分かって当然だと思ってきた。だから父の気持ちが分からないことが不思議でならなかった。一度母と結託して、叔母(父の妹)に父がどういう子ど…

母親に似てしまった

長年母親は味方だと思っていたけれど、今は一転して猛烈に敵視している。言動のすべてが気に入らない。僕の性格は母に似たから欠点も似ている。母親と接するたびに自分の欠点を見せつけられている気がする。母は内向的で父は育児に無関心そのうえ僕は長男だ…

なんでも他人事

自分にはなんでも他人事と感じる癖があると思う。例えば働くということは大人のすることであって自分とは関係ないという意識がある。口では「社会に出たい、自立したい」といっても自分のこととしてイメージできない。なんで急にこんなことを思ったかという…