MENU

家族

遠回しな言い方しかできない母と、それにイライラしてしまう僕

5,6年前から、母に対して無性にイライラするようになった。いい子にしてきた僕にとって、親を疑うことは新鮮で、解放感のようなものがあった。でも次第に、イライラしている自分にイライラするようになってしまった。これまでその原因や対処法を考えてきた…

クソババアが、遠回しに「仕事しろ」と言ってくる

数日前に、母が唐突に仕事探しのアドバイスをしてきた。「近くにある、就職相談の施設が良いよ」と。 そして今日、また同じ施設を勧めてきた。どうやら母は、「仕事を探せ」と言っているらしい。 母は、あくまで善意を装って、自分の主張を押し付けてくる。…

コミュニケーションは大切だな

今月からジョギングを始めて、1日おきぐらいに朝走っている。膝を痛めてしまったので最近は休みがちだが、昨日久しぶりに走りに行った。 僕が走り始めようとしたとき、ちょうど母がゴミ出しから帰ってくるところだった。それを見て、僕は今まで、違う場所に…

母に対してどうしようもなくイライラしてしまう

二人いる妹が家を出て行き、祖母の体調を気遣って父が一緒に住むことになり、それに伴っていまのアパートに引っ越して来てからは、実質、母との二人暮らしになった。それ以来、以前にも増して母への不満が募っていく。もはや言動のすべてが気に入らない。 で…

父のエンターキーがうるさい

昨日から今日にかけて、父が仕事の書類をせっせと作っている。父はエンターキーを強く叩く癖があって、その音が、隣の部屋の僕のところまで聞こえてくる。気が散ってしょうがない。 でも今月末に放送大学の期末試験を控えているので、ヘッドホンで聴きたくも…

ああ生きづらい

ちょっとしたことで気分が落ち込むことがある。 昨日は久しぶりに、妹が姪を連れて帰ってきたので、家族で夕飯を食べた。 楽しく団らんできてもおかしくないはずなのに、僕は相変わらず無口で、何もしていないのに気疲れが半端じゃなくて、帰ってきてしょん…

ぼくの悲しい思い出 & 自殺について

自分のひきこもり生活をブログに書き、自分の人生をつづったページを作り、動画サービスで実況しつつ自殺した人(仮にMHさん)が話題になっている。 はじめは興味半分で「俺の人生」を読み始めたが、僕の経験と似ていていろいろ思いだした。悲しいエピソード…

暮らしに役立つ心理学

このブログのアクセス数は少ない。しかもその大半が、タブレット端末について書いた記事に集中している。僕なりに考えたことを書いた記事については、全くと言っていいほど見られていない。 内容的にも、わざわざブログに書くほどのことじゃないという自覚が…

なぜ録画した自分の姿や録音した自分の声は気持ち悪いのか

小学3年生のころだったと思う。僕は教室にいる自分を客観的に見ている夢を見た。先生に指名されて皆の前に行って戻ってくる、その一挙一動がわざとらしく、気持ち悪いと感じた。 高校生のころ、携帯で録音した自分の声を聞いたときは、あまりのキモボイスに…

ポジティブ・イリュージョン

先週から妹が、1歳半になる姪を連れて帰省してきている。訳あって会うのは1年ぶりだが、もうじきハイハイしそうだった姪がすっかり走り回る様になっていて驚いた。愛嬌もあって可愛い。 妹は母親として、そろそろしつけを始める時期にあるが、今は何かできた…

想像の余地を残す

数日前に、人と会う約束があったのにすっかり忘れていて、気づいた時にはもう間に合わない時間になっていた。電話は大の苦手だけど仕方がないので連絡を入れたら、後ろめたさもあってしどろもどろになってしまった。どうしてこんなに苦手なんだろうか。 そこ…

自己中心的な世界に生きる母

今年の始めに母が仕事を辞め、僕も先月アルバイトが終わって、二人で家にいる時間が多くなった。以前にも増して母への不満が募ってまう。 今朝、母は親戚関係の写真を印刷していた。僕はその隣でご飯を食べていたら印刷が始まって、そしたら母が「あーあー」…

職場見学から

「放課後等デイサービス」の施設へ初めての職場見学へ行った二日前は、いろいろなショックが重なって混乱してしまった。感情的になりすぎた感があるので、もう一度振り返って考えを整理してみる。 hiki-jiritsu.hatenablog.com 見学の前にあれこれ想像しても…

職場見学

「放課後等デイサービス」という、障害を持った子どもが放課後に行く学童保育のような施設がある。サポートステーションで職場見学できる機会があったので、あわよくば働くつもりで今日行ってきた。 心理学を学ぶ上で、障害というある意味強すぎる個性を持っ…

久しぶりに反省

今日は珍しく母と話をした。その中で「今度講演会に行く」といってチケットを見せてくれた。主催者は自己啓発界で有名な方で僕もその人の本を読んだことがある。母は自身のことについて「真剣に考えたい、でも仕事があるから...」ということを幾度となく繰り…

試験が終わったら

放送大学の単位認定試験が昨日ですべて終わった。久しぶりにのんびりYouTubeを見たりしている。 www.youtube.com 今期の終盤はこれまでの人生で一番と断言できるほど勉強して忙しかったので、試験が終わったらやりたいことリストを作っておいた。それがいつ…

今日は成人の日か

すっかりひきこもりがちな生活に戻ってしまったが、今日は久しぶりに図書館へ行った。やけに混んでいて、年末年始に返却期限が重ならないようにと少し長めに借りられた本を返しに来る人が多いんだと思った。帰りに寄ったブックオフはもっと混んでいて、ここ…

失望

夕飯を作ったり洗濯物を取り込んだりといった家事の一部は僕がやっている。でも母が仕事を年末で辞めることになっていたので、僕もそのつもりで行動してきた。今はそんなに忙しいわけではないが、放送大学で勉強を始めたり徐々に外に出るようになったことも…

とりあえず行動してみるか

放送大学で勉強を始めた理由は、僕自身の悩みを解決するヒントになればいい、ゆくゆくはそれを人のために生かしたいと思ったから。口ではそう言っても、自分の問題が片付かないうちに「人のため」って、改めて考えると不自然な気がする。 最近母と会話してい…

常識を振りかざす両親

僕の両親は夏になると、やたら窓を開けたがる。家に誰かいるときは常に開けておかないと気が済まないらしい。 集合住宅なので窓の数は多くないとはいえ、朝起きると僕の部屋以外の窓をすべて全開にする。そしてそのまま仕事へいてしまう。 開けっ放しにされ…

一人称が言えない & あだ名で呼べない

「一人称 言えない」とか「あだ名 呼べない」で検索すると、かなりヒットして驚いた。僕も家族の中で一人称が言えないし、高校時代の友達をあだ名で呼べなかった。 一人称 一人称が「ぼく」の時は普通に言えていた。小学校では4年生くらいのときに「俺」に切…

いつもと違うやり方

1週間ほど、長野にある母方の祖父の家に行ってきた。祖父の家は元々農家だったが、今は畑のほどんどを人に任せて、趣味の果樹園が1枚だけになった。それでも80半ばの祖父が一人で管理するのは大変で、この時期は桃の収穫があるので毎年呼び出しがかかる。身…

嬉しい不意打ち

母の仕事が休みだったので昼食を一緒に食べているときに、会話が始まった。まずはPC関係のことから、僕のことに少しふれたあと例に倣って母の話になった。母の生い立ちは僕から見ても結構問題点が多いと思う。・家事を率先して手伝うようないい子だった・優…

自分でコントロールできること、できないこと

僕の家ではクサガメを飼っていて、水槽に外部式のフィルター(ろ過装置)を繋いである。そのポンプの軸がずれると、「ガラガラ」とものすごく大きな音がする。最近軸に汚れがたまったみたいで、度々そのようなことがあった。水槽の位置が母が寝る場所と近い…

久しぶりに母と会話した

少し前に母から、今の状況や今後どうするつもりか教えてほしいというメールが来ていた。同じ家にいて毎日顔を合わせているのに、普段はほとんど話すことはない。でもそのことについて久しぶりに会話した。母の一番の興味は、僕がこうなった原因が生まれ持っ…

いまさら気づいた父親の習性

母の気持ちは手に取るようにわかると書いた。身近にいる母の気持ちがわかるもんだから、他人の気持ちはある程度分かって当然だと思ってきた。だから父の気持ちが分からないことが不思議でならなかった。一度母と結託して、叔母(父の妹)に父がどういう子ど…

母親に似てしまった

長年母親は味方だと思っていたけれど、今は一転して猛烈に敵視している。言動のすべてが気に入らない。僕の性格は母に似たから欠点も似ている。母親と接するたびに自分の欠点を見せつけられている気がする。母は内向的で父は育児に無関心そのうえ僕は長男だ…

どこまでが親の責任か

自分の生きづらさの原因を必死で探していた時期があった。まだ学校に通えていたころ、何とかしたいと思って心療内科に行ったら社会不安障害と診断された。症状は確かに一致しているんだけれども、薬を飲んでも一向に効果が表れない。そのくせ医者には「なん…