MENU

精神科に行ってきた

hiki-jiritsu.hatenablog.com

今日はだいぶ前に予約した精神科に行ってきた。

予約したのはこれから外へ出ていこうとする中、何をどう頑張ればいいか、具体的には発達障害かどうかをまず知りたかったからだ。

以前、と言ってももう6,7年前、対人恐怖が悪化する一方で大学をさぼりがちになったころ、別の病院に半年ほど通っていた時期がある。その時は「社会不安障害」と診断され、それ用の薬を飲んでいたがまったく良くならずにフェードアウトしてしまった。

毎週だったか隔週だったか、先生と話す時間もほとんどなく効かない薬をもらうために通っていたようなもので、「精神科」とか「心療内科」に対して不信感を抱くようになった。

今回もその時と同じように、まず悩みや家族構成を聞かれる問診があって、そのあと先生と話す流れだった。流れは同じでも話す時間は違う。1時間くらいかかったと思う。「これは予約取れないわけだわ」と好印象。

現時点であえて診断名を付けるなら、「社会不安障害(社交不安障害)」や「視線恐怖症」だろうと言われた。僕から「発達障害でしょうか」と聞いたわけじゃないが、生まれ持った気質よりもこれまでの環境、とくに両親の態度に原因があるだろうというニュアンスだった。

こういう原因探しは自分に都合のいいストーリーを組み立てがちだと僕は思うが、改めて指摘されてみれば確かに一理あるんだよな。

「子供のくせにw」と、何を言っても小馬鹿にしてまともに話を聞いてくれない両親。意味不明なタイミングでキレる父。「お母さんを困らせるな」と、母の機嫌を取るためだけに叱る父。それをいいことに嘆き悲しむ母。ゲームもダメ、テレビもダメ、お小遣いはごくわずか。「欲しいものがある」と言うと聞いてくれないばかりか不機嫌になる母。言うことを聞かないと人格否定したり、殴ったり蹴ったりしてくる父。ヒステリックに泣いたり手当たり次第に物を投げてくる母―。

僕は親が怖かったし、楽しんでいる姿を見せたら不機嫌になると思っていたし、悩みがあっても相談しようと思えなかったし、いつも心が休まらなかった。それはまぎれもない事実だ。

でも肝心なのは親を責めることじゃない。そんな家庭環境に適応するために身に着けた振る舞い―相手の顔色を過度にうかがい、警戒し、自分を押し殺すこと―が社会生活で邪魔になっていることだ。

「人の中に身を置いて徐々に慣れていくしかない」と先生は言っていたが、まさにその通りだと思う。

続けて先生は「でも段階を踏んでいかないと辛いだけになってしまう」とも言っていた。これには心当たりがある。これまで断食道場に行ってみたりサポートステーションに通ってみたりアルバイトしてみたり旅行してみたり、自分なりに外の世界に慣れようとしてきた。でも帰ってくるとすぐに元の生活に戻ってしまうんだよな。やっぱり家は居心地がいいから。

外ではうまくいかないことがたくさんある。とくに僕は社会的スキルが乏しくその割にプライドだけは高いから、必然的に嫌な出来事が多くなってしまう。

最近はそんなネガティブな感情も捉え方次第で何とかならないかと試行錯誤している。その方向性は間違っていないと思うが、それ一辺倒では限界があるだろう。

強い不安を覚えるとき、ネガティブな感情に捉われてしまうとき、先生や薬の力を借りて徐々に自信をつけていく方法もありかもしれないと話を聞きながら思った。

希望するなら通院以外にも、デイケアや入院という選択肢もあるとも言われた。精神科に行くと決めたときも、いざ病院に行って入るときも、「自分はそこまでひどくないんじゃないか」と思う。でも自分でいくら考え方や捉え方が変わったと思っても、悩みが相変わらずあることは事実なわけで、一人ではどうしようもないという確信もあるし、頼れる可能性のある場所があるなら試してみてもいいんじゃないか。

とはいえ不信感が完全になくなったわけじゃない。とりあえず通ってみて、場合によっては通院以外も考えてみようと思う。

心の専門家のお手並み拝見と行こうじゃないか。

ジオラマ制作 #8

hiki-jiritsu.hatenablog.com

ただ四角く切って貼っただけの窓枠は失敗だった。別の方法を試してみよう。

失敗した窓枠を剥がし

f:id:h_imwikr:20170731171211j:plain

プラペーパーから窓枠とそのサッシを切り出して

f:id:h_imwikr:20170731171220j:plain

色を塗って貼った。

f:id:h_imwikr:20170731171232j:plain

うん、だいぶ良くなった。

また100均でいろいろ買ってきた(方眼紙は文房具屋で)。

f:id:h_imwikr:20170731171247j:plain

次はより細かいディティールが必要な玄関ドアを作っていく。

方眼紙をこれほどありがたいと思ったことはない。まっさらな紙に描くなんてどうかしてたわ。

f:id:h_imwikr:20170731171304j:plain

描いたパーツをプラペーパーに張って

f:id:h_imwikr:20170731171320j:plain

「目打ち棒」という裁縫用のアイテムで角を刺して

f:id:h_imwikr:20170731171329j:plain

点と点を結んで

f:id:h_imwikr:20170731171337j:plain

切り出した。

f:id:h_imwikr:20170731171400j:plain

寸法を間違えたのでもう一度。

f:id:h_imwikr:20170731171347j:plain

玄関ドアの格子には、衣類の汚れを叩いて落とすやつの毛を使うことにした。

f:id:h_imwikr:20170731171418j:plain

束ねてペンチで引っ張ったらきれいに抜けた。

f:id:h_imwikr:20170731171439j:plain

方眼紙があればいちいち定規を当てなくてもミリ単位で長さが図れるとひとりささやかに感動。

f:id:h_imwikr:20170731171500j:plain

マスキングテープの上に切った毛を等間隔に並べて

f:id:h_imwikr:20170731171519j:plain

接着して

f:id:h_imwikr:20170731171528j:plain

色を塗った。

f:id:h_imwikr:20170731171541j:plain

もはや玄関にしか見えない!窓格子も同じ方法で作れそう。

急にクオリティが上がった玄関だけ明らかに浮いて見える・・・。

f:id:h_imwikr:20170731171555j:plain

hiki-jiritsu.hatenablog.com

ジオラマ制作 #7

hiki-jiritsu.hatenablog.com

いよいよ本格的に家を作り出した。

まずは「せっけい倶楽部」で作った間取り図をもとに、1/150スケールの寸法を書いた。

f:id:h_imwikr:20170729202405j:plain

あらかじめ0.5mm厚のプラ板と0.1mm厚のプラペーパーを買っておいた。

f:id:h_imwikr:20170729202423j:plain

プラ板は裏が少しザラザラしていて、鉛筆等で書き込める。

f:id:h_imwikr:20170729202602j:plain

この作業嫌いだわー。苦痛しか感じなかった。

ようやく切り出し終えた。

f:id:h_imwikr:20170729202751j:plain

いちいち細かくて想像よりもずっと難しい...。とくに細かい部分は先に切っておかないとめんどくさい。

マスキングテープで組み立てて

f:id:h_imwikr:20170729202837j:plain

家の形になった!

f:id:h_imwikr:20170729202847j:plain

昨日の作業はここまで。今日は窓枠から作り始めた。

プラペーパーに線を引いて

f:id:h_imwikr:20170729203041j:plain

切り出して

f:id:h_imwikr:20170729203053j:plain

油性マジックで色を塗った。

f:id:h_imwikr:20170729203105j:plain

窓枠の内側も油性マジックで塗った。

f:id:h_imwikr:20170729203114j:plain

切り出した窓枠を2枚一組に接着していく。

f:id:h_imwikr:20170729203131j:plain

接着剤で油性マジックが溶けてしまった...。

めげずに窓枠を貼り付けていく。

f:id:h_imwikr:20170729203205j:plain

あぁ、これはひどい。完全に失敗だ...。

なんとか全部貼り終えたところ

f:id:h_imwikr:20170729203241j:plain

気持ちを切り替えて、次はトタン屋根を作っていく。

プラ板を2mm幅で切り出して

f:id:h_imwikr:20170729203256j:plain

屋根に合わせてカットして

f:id:h_imwikr:20170729203305j:plain

貼り付けた。 

f:id:h_imwikr:20170729203432j:plain

スケール的に1mm以下の幅で切り出したかったが、1mmだとプラ板がカールしてしまうし技量的にも厳しい。

f:id:h_imwikr:20170729203446j:plain

2mmは現実の30cmに相当するが、トタン屋根の瓦棒としてはあまりにも太すぎる。でもこれから先もうまくいかないことは多いだろうし、スケール的にはおかしくても、建築模型のような精巧さは無くても、それを手作りならではの「味」と捉えるくらいの心構えでいくことにした。

とはいえそれほど違和感なく、屋根を作ったことでぐっと家らしくなった。

f:id:h_imwikr:20170729203459j:plain

アクリルガッシュで色を塗っていく。

f:id:h_imwikr:20170729203509j:plain

適当に混ぜたらいい色になった。

f:id:h_imwikr:20170729203523j:plain

屋根だけの予定だったが、失敗をごまかすために壁にも色を塗ってみる。

f:id:h_imwikr:20170729203551j:plain

色塗ると雰囲気変わるなー。だいぶ壁らしい質感になった。

f:id:h_imwikr:20170729203730j:plain

溶けてしまった油性マジックがいい味を出している(?)。

でも改めてこの窓枠は失敗だったな。油性マジックだけでなく、作り方から取り付け手順まですべてにおいて。

最後に、壁の内側にクリアファイルやビニールを張ってガラスを表現。

f:id:h_imwikr:20170729203832j:plain

これはかなり良くなったんじゃないか!?

f:id:h_imwikr:20170729203848j:plain

うん、さっきとは全然違う。

f:id:h_imwikr:20170729203859j:plain

あーすごくいい!

f:id:h_imwikr:20170729203911j:plain

感慨深く、すでに達成感に浸っている。

いやしかし修正すべきところがたくさん見つかったな。それから玄関ドアや窓格子は細かすぎて、まだ作り方が思い浮かばない。

hiki-jiritsu.hatenablog.com

ジオラマ制作 #6

hiki-jiritsu.hatenablog.com

作りたい情景のイメージが徐々に固まってきた。一本の大木のそばにたたずむ民家を作ろうと思う。

f:id:h_imwikr:20170726204231j:plain

ストリートビューで徘徊すること数日、ようやくイメージ通りの家を見つけた。作るのは外観だけだからそれ参考にすればよしとして、現実感を出すために間取り図も作っておきたい。「せっけい倶楽部」というソフトを使えば、部屋のパーツを配置するだけで簡単に間取り図を作成できる。

せっけい倶楽部オフィシャルページ 無料ソフトの住宅間取作成ソフト「せっけい倶楽部」で、想い描いた家の間取をシミュレーション!

子供のころ、よく理想の家を作ったっけなー。今回作るのは(架空の)他人の家だが、楽しい思い出が多い祖父母の家の要素を取り入れてみた。

f:id:h_imwikr:20170728102911p:plain

立体化して見ることもできる。

f:id:h_imwikr:20170728102923p:plain

f:id:h_imwikr:20170728102934p:plain

ここから先は右も左もわからない。調べてみるとプラ板や厚紙を使って作る人が多いようだ。紙は湿気対策が難しそうだったので、プラ板で作ることにした。

なるほど、設計図を印刷してプラ板に張ればいいのか。

住宅が並ぶジオラマを作る(1) : 【趣味なんだってば】 鉄道模型とジオラマの製作日記

そのためには正確な設計図がいる。無料で使える製図ソフト(CAD)を探してみると「Draftsight」が人気らしい。

DRAFTSIGHT™ 2017 CADソフトウェア - ダッソー・システムズ

早速インストールしてみたものの、初回起動時の認証(アクティブ化)で、なぜか入力したメールアドレスにメールが届かない。実行ファイル(DraftSight.exe)を管理者権限で起動したらうまくいった。

DraftSight のActivate: ぶろぐ(仮)

意気揚々と使ってみたが、難しい...。今回は手書きでいいや。

hiki-jiritsu.hatenablog.com