MENU

入院もありかなと思っている

hiki-jiritsu.hatenablog.com

精神科に通い始めて4か月が経とうとしている。何か劇的な変化があったとは行かないまでも、だいぶ気軽に出かけられるようになってきた。とはいえ人と関わることに関しては依然として課題が多く、まだまだ時間がかかりそう。

僕は精神科以外にも、以前から月に2回くらいのペースでカウンセリングに通っている。先週もそこで話していて改めて思ったんだけど、僕は一人で過ごす生活にあまりにも適応しすぎている。いくら「人が苦手なのをなんとかしたい」と思ってみたところで、現状、人と関わる必要もなければ、人と関わる楽しさも知らない。

だからこれまでは、「いつまでもこんな生活は続かない」とか「コミュ障な自分が嫌い」というネガティブな感情が、「なんとかしたい」の原動力だった。でもそれは、「人が苦手」という自分の中で一番大きな問題と向き合うには弱すぎた。(形だけでも)何かに取り組んだり、入れ知恵で理論武装したり、より人との関わりを避けることで、見てみぬふりしてしまった方が手っ取り早いから。

ところが最近どういうわけか、快楽主義というのかな、「楽しめる可能性があるなら楽しみたい」としみじみ思う。外の世界にはまだ僕が知らない楽しいことがたくさんあるだろうし、それからやっぱりお金はあったほうがいい。そうすると、これまではむしろ言い訳に使うことさえあった「人が苦手」が途端に足かせになってくる。

少し前に、人物画の練習を始めた。いざ描き始めると楽しいのに、毎回、取り掛かかろうとすると何か抵抗があって、結局いつものようにネットを徘徊する作業に戻ってしまうことも多い。惰性でウロウロしたところで何も楽しくないのに、習慣とは恐ろしいもので、迷ったらとりあえずいつもやっている行動を選んでしまう。人との関わりについても同じことが言える。

そういうわけで、まずはその習慣を壊すために、そして人と過ごす生活に適応するために、しばらく精神科に入院するのもありかなと思っている。2年前に行った断食道場のように、寮生活的なノリで。

【裸族も納得】iPhone 7のケースを買った

ここ数年は裸族に徹してきた僕も、ついにiPhoneケースを買うことにした。まず試したのはバンパータイプのケース。

hiki-jiritsu.hatenablog.com

そこそこ納得のいくものが見つかったと思ったが、やっぱりしっくりこなくてすぐに外してしまった。でもやっぱりケースは付けておきたい。今度は家電量販店に直接出向いて吟味して、購入したのが「simplism NUNO」。

f:id:h_imwikr:20171120103034j:plain

下部が大きく開口しているので着脱は簡単、ホームボタンを押すときに枠に指が触れることもない。枠のでっぱりは画面から0.5mmほどで、これまで試してきたバンパーと比較するとだいぶ控えめ。操作中、枠に指が触れづらく快適な反面、保護性能には若干不安がある。

f:id:h_imwikr:20171120103108j:plain

レザー調のしっとりした質感で触り心地が良い。適度な滑り止め効果もあるので、これなら手袋をしたままでも安心して使えそう。見た目もカッコいい!カメラ部分は2mmほど段差があってしっかり保護されている。 

f:id:h_imwikr:20171120103159j:plain

Amazonのレビューに「サイレントスイッチに指が届かない」という投稿があって心配だったが、指が太くて爪が短い僕でも(親指は届きづらいが)問題なく届く。ただボタンはどれも固めで押しやすくはない。

細かいことは置いといて、1週間付けたまま使ってみても外したくなる気配がないどころかとても気に入っている。裸族も納得の逸品だった。

 

Simplism iPhone8 / iPhone7 ケース [NUNO] バック ブラック

Simplism iPhone8 / iPhone7 ケース [NUNO] バック ブラック

 

 

ちなみに同時に買った保護フィルムは粘着力があって、きれいに貼るのがかなり難しい。iPhoneが耐水性なのをいいことに洗面器の中で貼りなおしたら浸水してしまった...。保護するために壊すとかホントに意味が分からない。

hiki-jiritsu.hatenablog.com

なんとか復活してくれたのでそのまま使ってみたが、どうもフィルムはしっくりこない。結局剥がして今後も張らない方向で行くことにした。

【iOS】自分の声をリアルタイムで聞く方法

自分の声が他人にどう聞こえているか気になって、リアルタイムに聞けるAndroidアプリを作ったことがあった。

hiki-jiritsu.hatenablog.com

最近iPhoneで「GarageBand」を触っていたら偶然同じ方法を見つけた。

GarageBandを App Store で

と言っても特別な使い方じゃなく、「AUDIO RECORDER」で「モニタ」をONにするだけ(要イヤホン)。

f:id:h_imwikr:20171119200218j:plain

以上です。

【PS4】リアル系レースゲーム「PROJECT CARS 2」が楽しい!

せっかくPS4を買ったしリアル系のレースゲームをやってみたいと思って「PROJECT CARS 2(以下PC2)」を買った。この手のゲームはこれまでグランツーリスモシリーズやForza 4などいくつか遊んできた。ストーリーなどあってないようなもの。ひたすらレースに励むものが多い中、今回のPC2はそれらよりもさらに走ることに特化している。

f:id:h_imwikr:20171119142553j:plain

Live Track 3.0がすごい!

最初から全車種・全コースが使えるし、周回数、対戦人数、ルール、難易度、ダメージ表現など、多彩な項目を細かく設定できる。

f:id:h_imwikr:20171119142443j:plain

そして極めつけは、季節や天候、時間帯が自由に設定できること!

f:id:h_imwikr:20171119142451j:plain

秋になれば紅葉するし―

f:id:h_imwikr:20171119142501j:plain

雨が降れば水たまりができる。

f:id:h_imwikr:20171119142510j:plain

雪の積もったニュルブルクリンクはもう最高!

f:id:h_imwikr:20171119142539j:plain

こういった環境シミュレーションは「Live Track 3.0」によるもの。そう、このゲームはシミュレーションなんだ。見た目に限らず天候によって路面温度も変わるし、何も考えずに水たまりに突っ込めばたちまちスピンしてしまう。

この辺の解説はこの人の動画が分かりやすい。

Project CARS2【実況】雨→晴の路面変化、ハイドロプレーニング体験 - YouTube

(自分史上)最高のレースゲーム

前提として、僕は車にほとんど興味がない。ただ一度サーキットに行く機会があって、そこで走る車の迫力に圧倒されて以来、リアル系レースゲームを遊ぶようになった。だからこれまでは、なんとなくリアルなゲームでなんとなくサーキットをぐるぐるしているだけで満足していた。

先に書いたように、PC2は初めから全車種・全コースが使えるし設定の幅が広い。だからいろいろなシチュエーションでなんとなく走れることを期待してたんだけど、遊び始めたらいい意味で当てが外れた。

PC2のレースは基本的に、まず「フリー走行」、その次に「予選」があって、その順位で本番が始まる。僕は控えめに言って下手なので、フリー走行が始まると同時に他の車に置いてけぼりを食らう。「この周は上手く走れた!」と思ったのに、トップから5秒遅いなんてこともざらにある。この時点では、どこにあと5秒縮めるポイントがあるのか見当もつかない。でも周回を重ねるうちに徐々にタイムを縮めて順位を上げていき、ついにはトップクラスに上り詰める(とも限らない)。この過程が楽しい!

f:id:h_imwikr:20171119142606j:plain

この辺はゲームの違いと言うより僕の心境の変化によるところが大きいと思うが、これまでのようになんとなく走ること以外にも楽しみを見いだせただけでなく、なんとなく走ることについてもLive Track 3.0によってさらに楽しくなった。そういうわけで、PC2はこれまで遊んだリアル系レースゲームの中でベストだと断言したい。

ただこの手のゲームが初めてなら、レースの基礎を教えてくれるグランツーリスモシリーズがおすすめ。最近発売された「グランツーリスモSPORT」でも「キャンペーンモード」として健在している。

 

グランツーリスモSPORT  - PS4

グランツーリスモSPORT - PS4

 

 

今年はForzaシリーズの最新作「Forza 7」も発売されたし、レースゲームが熱かった!

 

Forza Motorsport 7 通常版

Forza Motorsport 7 通常版

 

 

30時間ほど遊んで感じたこと

最後に、これまでPC2を30時間ほど遊んで感じたことをいくつか。

【×】ロードが長い

レース前のロードがやたら長い!

【△】難易度調整が難しい

レース相手の難易度は、「レベル」と「攻撃性」をそれぞれ設定できる。でもレースによって速さがまちまちで、なかなかいい勝負にならない(もしかしたら速さがまちまちなのは僕の方かも?)。

f:id:h_imwikr:20171119144839j:plain

それからたとえ難易度を下げても、相手は大きなミスをしないで涼しい顔をして走り続ける。Forza 4だとコーナーで突っ込んでコースアウトしていったり、人間味があってよかったなー。「リワインド」という巻き戻しできる機能もよかった。

【△】バグが多い(?)

表示がおかしかったり、1位になったはずがなぜか2位になったり、急に加速するポイントがあったり、バグが多い気がする。まあまだ発売して2か月だから・・・。

【〇】ゲームパッドでも遊べる

今のところ、ゲームパッドで特に設定をいじることもなく遊べている。唯一、レーシングカートはきつかったが、それは単に実力不足かもしれない。というかたぶんそうだと思う。

【〇】3人称視点がいい感じ!

僕は車を後ろから眺めるのが好きで、3人称視点で遊ぶことが多い。PC2は視点の位置が比較的低くて近くて迫力がある。初めて実車GT-Rを見たとき意外と大きくてびつくりしたが、これならそんなに違和感ないと思う。

f:id:h_imwikr:20171119142631j:plain

【◎】コースの数が多い!

公式サイトで数えてみたら、ヨーロッパ42、アメリカ14、その他8、合わせて64のコースがあった。複数レイアウトがあるコースも多いので、全部合わせたらさらに2倍はあるんじゃなかろうか。

The Tracks - Project CARS

 

【PS4】Project CARS 2